ハーメルン
スカーレット家長男の憂鬱
幕間「レミリア姉様の部屋からしわくちゃの俺の写真が出てきた…」

俺はこの前の掃除を任されたとき以来、もう掃除をしなくていいと言われた。俺の掃除の仕方が悪かったのかと疑問に思い聞いてみたところ、そうではないらしい。なら何故と思ったがレミリア姉様が笑顔でもういいの、と言ってきたのでそれ以上聞くのはやめた。俺は賢明な判断をしたと思う。

それからはもっぱら書類の整理をしている。特に難しいわけでもなく惰性で出来る仕事だ。ただ、量だけは多いので少し手は早く動かさないといけない。まあそれも前世に比べたらぬるいものだ。俺は仕事部屋のレミリア姉様の横でそんなことを考えながら仕事をしていた。

「アルク、無理はしないでね」
「大丈夫、すごく楽だよ」

そう、楽すぎる程にこの仕事は楽なのだ。小学生でも教えたら一日で覚えられる。

「あらそう?ならちょっと私の部屋に行ってこの資料取ってきてくれないかしら」
「お安い御用だよ」

メモを渡され資料の内容と保管してる場所を把握する。レミリア姉様の部屋は二つほど横にあるので歩いて向かう。

ドアの前についた。がちゃりとドアノブを開けて中に入る。中からは不快にならない程度の薔薇の匂いがし、鼻腔をくすぐる。このまま匂いを嗅ぐというのは変態臭いのでとりあえず指定された場所に資料を探しに行く。

机の棚の中にあるとのことだが何段目だろうか、とりあえず三段目から開けてみるか。棚を引く、()()()すんなり開いた。ん?今度は?前があったかのような言い方になってしまった。俺はこんなことをしたのは初めてだというのに。

「えっと…ここじゃないのかな…?」

どうやらここでは無いようだ。香水やなんやらが一杯入っている。うわ、これめっちゃ高そう。しかし俺はそこで違和感に気づいた。

「ん?」

()()()()()()()

そう、何やら二重底になっておりこの下があるのだ。まさかここに資料があるのか。なんとわかりにくい。俺は少し怒りながらその二重底になっている板を外した。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析