ハーメルン
スカーレット家長男の憂鬱
プロローグ

『とんだ劣等種』

『スカーレット家の恥さらし』

『何故お前みたいな奴が生まれてきたんだ』

親と思われる男と女が、口々に罵詈雑言を吐きかけてくる、いつものように、会社に行こうと朝起きたらこれだ、どうやら最近流行りの異世界転生とやらをしてしまった、と状況把握する。

パワハラ上司に比べると、かなりマイルドな暴言に、特に心動かされることも無くボーッと聞いておく。話を聞く限り、どうやら俺は地下に連れていかれ、密閉された部屋に入れられるようだ。

「お前はここでこれから生活しろ」
「はあ」

青髪の美丈夫が、威圧感たっぷりで、俺に淡々と話し掛けてくる。余りにも事務的でいて、所々で見え隠れするプライドの高いやつのその話し方に、少しだけ苛立ちながら話半分に耳を傾けておく。

「感謝するんだな、飯は届けておいてやる」
「それはどうも」

そりゃ飯無いと死んじゃうからね、なんか身体の構造が変わったような気がしないでもないがどんな生物であろうがエネルギーを摂取しないと死ぬのは常識だ。

「ふんっ、その余裕がいつまで続くか見ものだな」
「ここって本とか無いんです?」

かなり図々しいお願いだが、欲しいものは欲しいと言わなければあのブラックな毎日の二の舞になってしまう。

「贅沢な奴め…メイドに取ってこさせるから何が欲しいかは自分で言え」
「意外と優しいんですね」

知ってるか?好きの反対は無関心なんだぜ?

「勘違いするな、一度生んだものは劣等種であろうと死ぬまで面倒は見る、ただ、お前のようなクズを世に出すにはこちらも恥ずかしいのでな」
「そりゃごもっとも」

特にやることも無いので、備え付きのベッドでゴロゴロ横になる、いきなりの転生だった為、少し困惑はあるが、あのブラックな日常から考えると、かなり今の状況は幸せなのではないだろうか。これから始まるニート生活を享受しつつ死んだ魚の目で天井を見る。

そういえば、このショタの体の記憶というのもあることにはあるみたいだ、今暇だし少し思い起こしてみるか。ええっと、姉が二人居るようだな。

まるで外側からアニメでも見るかのような思い出し方に違和感を感じざるを得ない。それで…二人とは結構仲が良かったみたいだな、うわ俺が地下に連れていかれるときめっちゃ止めてんじゃん。なんか可哀想。

『アルクは劣等種なんかじゃない!やめて!連れていかないで!』
『うわあああ!アルクゥぅうう!!やめて、やめてよぉ!!』

これは酷い、かなり必死に止めとるやんけ。なんか悪いことしたなぁ…いや、よくよく考えると俺悪くないし。恨むなら親父とお袋を恨め、俺はその間ここでずっとニートやっとくから、出来ればあと400年は起こさないでくれ。

そういえば飯も運ばれてくると言っていたな、どんな感じだろう。洋食より和食派の俺は納豆ご飯や味噌汁を夢見ながらお腹の虫を盛大に鳴らしていた。この男かなりいい加減である。


その頃上の階では


「ふざけんじゃないわよ!アルクは、アルクは優しくて思いやりのある一生懸命な子じゃない!何であの子があんな所に!」
「お姉様、どうする?」

姉妹は怒り狂っていた。一人は激情に身を任せ机に蹴りを入れ、一人は酷く冷たい目で何かを見据えていた。反応は違えども同じことに怒るもの同士、通じ合うものが二人にはあった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析