ハーメルン
ペニーワイズにオススメしてほしいシリーズ
ペニーワイズがASMR音声作品をオススメするようです

「僕の気力()が!」

悲痛の叫びもむなしく、船は下水道へ繋がる穴に落ちてしまった。
ジョージは穴を覗くが、とても暗くて入れそうもない。

(明日も憂鬱だ…)

だがしかし、しょうがないとジョージが諦めてその場を去ろうと立ち上がったとき。



「はい、調子良い?」



特徴的な声が聞こえてきたのだ。ジョージは思わず振り返る。
振り返ると、ついさっきまで何も居なかったはずの下水道の穴から、ぬるりとピエロが顔を出した。

ピエロの名前はペニーワイズだ。

ペニーワイズはおかしなヤツだ。
いつもこうやって変な場所から急に現れては、ジョージにやたらと何かをオススメしてくる。
そしてジョージは毎回オススメに釣られてしまい、毎回精神が死んでしまう。
だからジョージにとってはとっても恐ろしいピエロなのである。
毎回釣られるジョージもどうかと思うが。

下水道から現れたペニーワイズは気さくに尋ねた。

「やぁ、また会ったね。元気かい?」

ジョージは首を横に振って答えた。
それを見たペニーワイズは『それはとても残念だ』とでも言いたげな顔をした。

「えーっ、それはお気の毒に。それじゃあ元気の出るASMR(あしまろ)音声、聴いてみない?」

そうやって取り出したのは ASMR音声作品(黄色の風船)だ。
ジョージは日々の疲れた体に一杯と、おもわずそれに釣られて手を伸ばすが、思いとどまる。

思い出されるのは過去の自分。



ペニーワイズ(コイツ)がオススメしたモノで僕は大変な目にあってきたんや)



ジョージは手を引っ込めて、しかめっ面の顔になる。

「そう言って実はASMRはヤバイ沼で引きずり込む気なんやろ。騙されんぞ」

「いや、ヤバくなんかないよ。ASMRは日々の生活で疲れた体と心に凄く効くんだ。例えば布が擦れる音、雨の音、焚き火の音みたいなね。気持ちのいい音を聞くだけだから安心、まさに癒しの音なんだぜ。今の君はぴったりだろ?」

「へぇ、興味深いね!」

ジョージの騙されないと言う発言に心外だと、ペニーワイズは巧みな話術でASMRの良いところをオススメする。
だがジョージは流されない。

「音MAD見てくるわ」 「待てやッ?!!?」

皮肉の笑顔で答えてそのまま帰ろうとするジョージ。
ジョージを引き留めようと焦って声を荒げるペニーワイズ。

これ以上はマズイと感じたペニーワイズは、ついに禁断の切り札を使うことにした。

「それじゃあいいのかな…コレは…?」

それを見たジョージは驚いた。


「僕の気力()!」

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析