ハーメルン
ペニーワイズにオススメしてほしいシリーズ
ペニーワイズがペニーワイズがオススメするシリーズをオススメするようです

「僕のお気に入りの動画()が!」

悲痛の叫びもむなしく、船は下水道へ繋がる穴に落ちてしまった。
ジョージは穴を覗くが、その先はとても暗く、そして狭くて入れそうもない。

(削除されてしまった~~~~!!!)

泣きそうになりながらジョージが諦めてその場を去ろうと立ち上がったとき。




「はい、調子良い?」




先ほど見ていた何もなかったはずの穴から、特徴的な(アイツの)声が聞こえてきた。ジョージは帰るのを止めて思わず振り返る。
振り返って少しすると、ついさっきまで何も居なかったはずの下水道の穴から、ぬるりとピエロがニタリと笑った顔で穴から顔を覗かせてきた。



このピエロの名前はペニーワイズ。



ペニーワイズはおかしなヤツだ。

いつもこうやって変な場所から急に現れては、ジョージにやたらと何かをオススメしてくる。
そしてジョージは毎回オススメに釣られてしまい、毎回精神が死んでしまう。ジョージにとってペニーワイズとはとっても恐ろしいピエロなのである。
前回、ジョージはASMR音声をオススメされ、そのASMRの良さに見事釣られてしまった。
ジョージは一度(精神が)死んだのである。




そして今日もまた、ペニーワイズとジョージの攻防が始まった……





下水道から現れたペニーワイズは、ジョージに気さくに話しかけた。


「この小説の元ネタ動画、もう見た?」

ジョージは首を横に振って答えた。
それを見たペニーワイズは『それはとても残念だ』とでも言いたげな顔をした。


「えーっ、とってもオススメなのに。ペニーワイズがオススメするシリーズだぜ?」

そうやって取り出したのは nic○nic○動画だ(黄色の風船)
ジョージは休日は動画鑑賞で一日を過ごすのもイイかもと、おもわずそれに釣られて手を伸ばすが、そこで思いとどまる。

思い出されるのは過去の自分の姿だ。



ペニーワイズ(コイツ)がオススメしたモノで僕は大変な目にあってきたんや…!ましてや数日前にコイツのせいで被害にあったばかり。しかもオススメしてるのは本人の動画なんて……絶対ッ黒ッ!!!)

そしてジョージは決心する。


(もう絶対に釣られんぞ…!)


ジョージは手を引っ込めて、しかめっ面の顔になる。


「その動画ってジョージがひどい物をオススメされて最後には死ぬんやろ。騙されんぞ」


「いや、ひどくなんかないし死なないよ。ペニーワイズがオススメしてるモノは実際面白いモノの方が多いし、何より俺みたいに動画のおかげでサメ映画見始めたヤツもいるんだぜ!今じゃ大ハマリさ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析