ハーメルン
仮面ライダーアズール
EP.15[雨過天晴]

「ヒャハハハハッ! ホラホラどうしたぁ!?」

 アズールが城内で戦闘を行っている頃。リボルブも、ジェラスアジテイターとの激しい戦いを繰り広げていた。
 ジェラスは森の中で炎を吹き出す斧を片手に、リボルブを追い詰めている。
 リボルブの方はというと、銃で応戦しながら逃げ回っている。攻撃が通じないわけではないのだが、ダンピールリンカーのバーサーキングでも相手のパワーに押されてしまうのだ。
 そのため、今はデュエルリンカーにリンクチェンジして、城の方に向かって逃走している。城内の狭い廊下ならば、あの大斧も使えないだろうという判断だ。
 途中で出の速いファーストコードの『爆』の文字で何度か妨害されるものの、それを避けてリボルブは逃走を続けつつ、ウィジェットからマテリアプレートを一枚取り出した。

「笑ってられんのも、今の内だオラァッ!」
《フィニッシュコード! Alright(オーライ)! ギガント・マテリアルカノン!》

 マテリアプレートをセットし、振り向きざまにリボルブラスターで必殺技を放つ。銃口から極大のレーザーが照射され、ジェラスを襲った。
 だが、リボルブの攻撃は読まれていた。トリガーを引いた瞬間には、既にジェラスは右方向の茂みの中に飛び込み、レーザーを回避している。

「前に戦った時より反応が速いだと……!?」

 今の攻撃は、初めて使う必殺技だった。
 それでも読まれてたのは、チャージが長く直線的で避けやすい、大味な一撃だったからだ。

「ヒャァハァ!!」

 驚く間に茂みからジェラスが飛び出し、斧をリボルブの胴体に叩きつける。
 リボルブは体が燃えると同時に後方へ大きく吹き飛ばされ、強かに背中を地面に打ち付けてしまう。

「ぐ、くっ」
「ククク、俺をザコと呼んだ事……訂正して貰うぜ」
Roger(ラジャー)! サードコード、オン!》

 ジェラスがトランサイバーの三番目のボタンを入力すると、ファーストコードの時と同様に掌から大きな『凍』の文字が出現する。
 しかしファーストコードの時のような脆さはなく、むしろゴムのような柔軟性を持つようだ。
 現れたその一文字が、徐々に形を変えて行く。太く長い胴体に、光沢が特徴的な鱗のある身体。長い舌をチロチロと出すその姿は、青い体色で『凍』の文字が模様のように点々と付いている大蛇だ。

「なんだ!? デジブレイン……!?」
「違うね。こいつは俺の能力で作った疑似情報生命体、名前は『ジェラスネーク』だ」

 ジェラスが指をクイッとリボルブに向け、その指示に従ってジェラスネークが動き、毒牙をリボルブに突き立てる。
 身を反らしたリボルブの腕をその牙が掠めると、命中した右腕に僅かに霜ができた。
 脅威を感じて、リボルブは炎を自分の腕に纏わせて霜を溶かしつつ、ジェラスネークに殴りかかった。
 しかしこの大蛇は素早く、攻撃をかわして逆にリボルブの身体に巻き付き、反撃する。締め上げられたリボルブは苦悶の声を発しつつも、全身を炎で燃やして反撃に移った。

「どうだ!?」
「甘い」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/13

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析