ハーメルン
転生とらぶる
0008話

「アクセル、本当にパイロットコースでいいのか? 今ならまだ他のコースに変更出来るぞ?」

 教官がそう声をかけてくるが、正直ありがた迷惑以外のなにものでもない。

「教官、他のコースに変更って。卒業式は明日ですよ? ちょっと無理があるんじゃないですか?」

 と言うか、卒業式前日に志望コースを変更してもまだ間に合うってどんな学校だそれは。
 まぁ、教官の言う事も分かる。俺もちょっと興味があって調べてみたんだが、今までの卒業していった主席は大抵参謀か4軍コースに進学していた。
 それが、今期の主席である俺は使い捨てと言えばちょっと言い過ぎだろうけど、とてもエリートコースじゃないパイロットコースに進もうというのだから教官の成績とかにも影響があるんだろう。
 こんな事ならユーリアと張り合わないで、3年になった時点で主席を明け渡しておけば面倒が無かったな。
 まあ、主席と次席なんだしそう変わらないだろうけど。
 教官に軽く礼をし、さっさと自分の部屋へと戻っていく。





 翌日。今日は幼年学校卒業式だ。
 正直、この3年間はそれなりに楽しかったし充実もしていた。
 レベルも3年間で2上がったし、待望の精神コマンド「努力」も習得出来た。
 経験値2倍で消費SPが8と低コストの精神コマンド、正直一番欲しかっただけにステータス表示で確認出来た時には思わず叫んでしまった。
 スパロボでは覚える精神コマンドでそのキャラの性格を現していたと思うんだが、もしそうなら努力を覚えたのは納得だな。
 ただ、自分の性格を分析するに熱血は覚える事が出来ないような気がする。
 でも転生したという事を考えればツイン精神コマンドの魂は覚える可能性はある、か?
 あ、ついでにシミュレータで敵を撃墜してもステータスの撃墜数は4のままだった。
 どうやらシミュレータじゃなくて現実で敵機を撃墜するなりなんなりしなければ駄目らしい。
 くそう、シミュレータで撃墜数が増えたらエースボーナスが判明したのに。

「アクセル」

 声を掛けてきたのは、既に言うまでもなく男前の女。幼年学校の女生徒のうち7割を虜にしたとか噂されている皆のお姉様ユーリアだ。

「よ。卒業式日和って訳でもないが、いい天気だな」
「ああ。さすがに今日は遅刻していないみたいだな」
「卒業式の日くらいはな」
「それにしても、来週からはアクセルと一緒の教室じゃないとか。妙に違和感があるんだが」
「なんだかんだでこの3年間お互いが一番長く過ごしてきた相手だしな」

 今日の卒業式が終わり1週間程の休みの後、俺達は幼年学校から士官学校へと進学する事になる。
 もちろん、士官学校に入学後はそのコースが自分たちのクラスとなる。
 そう考えると、ユーリアと一緒ではないってのは寂しいものを感じるな。

「そう言えば、ジーベルの事聞いたか?」

 しんみりする空気を嫌ったのか、ユーリアが話を変える。
 にしても、ジーベル? 3年に上がってからも絡まれてはいたが、軽くあしらっていただけで何か特筆すべき事はない。

「あの三下がどうした? とうとう士官学校からの入学拒否されたとか?」
「いや、聞いた噂だと参謀コースに入学決定したらしい」

 ……は?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析