ハーメルン
起きたらマ・クベだったんだがジオンはもうダメかもしれない
第九話:0079/04/29 マ・クベ(偽)は斯く語れり

「もっとも、その新型が完成するまで顧客がいればの話ですが」

俺の言葉に驚いたハルバ課長の仕草から、この交渉が上手くいく事を確信する。いやあ、マさんの弁舌スキルすげえわ、良くまあポンポン言葉が出るもんだ。自分のプレゼンすらどもって上司に苦笑させていた俺とは大違いである。

「…それは、どういう意味ですか?」

「言った通りですよ。御社の新型機が軍に売り込まれるのはいつになりますか?一年後?半年?全く新規の開発ですからデータ収集すら手間取っている状況だ。それともまさか一月後に出せるとでも言ってくれるのですかな?」

俺の言葉に、完全に気圧された表情になるハルバさん。素直なのは人として美徳だけど、政治家や営業マンがそれじゃ頂けないな。

「その前に軍は実績を積むでしょう。飛行型MSの開発失敗というね」

「それは…」

絞り出すように言うハルバさんにさらに畳みかける。

「得てして軍人というのは前例を尊ぶ気質です。トップメーカーが軍協力の下、失敗した兵器を御社が売り込んで、さてさて、誰が食いつきますかな?」

黙り込んでしまったハルバさんに最後の一押しとして、こちらの条件を提示する。

「ハルバ課長、これは投資だ。軍にホバー型MSの運用実績を積ませる、それも御社のエンジンを使って。それさえ出来れば後は新型機を売り込むだけです。ジオニックの機体は所詮改修機、元からホバーとして設計された御社の機体に比べたら完成度が違う」

目が泳いでる、これは落ちたな。

「だ、だが、我が社の新型にも実績は無い。カタログスペックだけでは納得しないでしょう。それに正直なところ、ホバー機のデータ収集は仰る通り進んでいないのが現状です」

「それなら心配要りません。ホバー機の試験データは全て御社にも開示させます。エンジンの調整が必要なのですから当然だとでも言いましょう。それに実機での実績ですが、それこそ簡単だ。ここでやれば良い。名目はそうですな、ホバー用練習機の実機試験とでもしておきますか」

机を指で叩きながら笑ってみせる。

「まあ、試験とは言えここは戦場ですからな。不幸な敵との接触もあり得るでしょう。そのリスクは承知頂きたいが」

俺の言わんとしていることを正確に理解したハルバさんは、視線を下げ考え込んでいる。恐らく、この話で得られる利益とリスクを懸命に計算しているのだろう。ウラガンが入れてくれていた紅茶をゆっくりと飲み干す頃、ハルバさんはゆっくりと顔を上げた。

「大変、大変興味深いお話でした。しかし、正直私では手に余るお話です。上に相談させて頂きたい」

迷いのないしっかりとした口調で提案してくるハルバさんに満足しながら、一応釘は刺す。

「当然ですな、御社の社運がかかっている。存分に相談ください。ああ、ただ、幸運の女神には前髪しか無いことは覚えておいてください」


通信を切り、深呼吸をする。うん、緊張した。俺やっぱ政治家や軍略家とか向いてないわ。平然とこういう事やれてるマさんマジすげえ。

「さて、もう一件片付けないとな」

居住まいを正し、次の連絡先へ繋げる。2コールほどで相手が出た。

「久しぶりだな、大佐。出陣式以来かな?壮健そうで何よりだ」

そう言って笑顔を向けてくるのはザビ家のお坊ちゃんこと、ガルマ・ザビ大佐だ。ちなみに階級は同じなのになんで上から口調かと言えば、ザビ家の人間は実際の階級より2階級上の権限を持つからだ。暗黙の了解と言う奴なのだが、ちょっと面倒である。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析