ハーメルン
起きたらマ・クベだったんだがジオンはもうダメかもしれない
第十話:0079/05/09 マ・クベ(偽)と無理難題

ガルマ様との楽しい男子トークから10日が過ぎ、ヒルドルブが居なくなった基地は、少し静かに、寂しくなるかと思ったら全くそんなこと無かった。ツィマッドの生産設備と作業員の受け入れをしていたら(ハルバさんが頑張ったらしく、実機は持ち込まなかったが、熱核ジェットエンジンの開発スタッフが既に一緒に来ていた)、前線からお礼と共に愉快なものが送られてきたからだ。

「ヒルドルブの増産嘆願書か。デメジエール少佐が泣いて喜びそうだな」

実際の所、あれが活躍できているのは少佐の類い希なる技量による所も大きいのだが、そこまでは前線の指揮官には解らないだろうし、何よりMSの人員を減らさず強力な戦力が手に入るのが魅力的に映ったらしい。まだ何も言っていないうちに候補生とか言ってマゼラアタックの搭乗員を送ってきた。いや、そんな人だけ送られても困るんだけど。
取り敢えず説明しようと候補生(仮)達と会ったら、みんな超期待した目で見てくるの。この人達もどうやらMS適性試験に落ちた口らしく、ヒルドルブは彼らにとって所謂希望になってしまっていたようだ。帰れって言ったらすっごい落ち込むだろうなぁ、なんて思いながら喋っていたのが不味かったのだろう。気がついたらヒルドルブの追加生産をキシリア様にお願いすることを約束してしまっていた。これが4日前。
そうそう、ヒルドルブと言えば、デメジエール少佐を引き抜いたせいで、北米のフェデリコ君達がはっちゃけたら不味いと思って、ガルマ様に警戒するよう忠告しといたら、かなり張り切ったらしく襲撃を未然に防いだどころか返り討ちにした上に捕虜まで捕まえたそうだ。
おかげでガルマ様は、今度本国で表彰され、ついでに大々的にプロパガンダ放送もされるらしい。お礼に壺が贈られてきたときは正直困ったが、飾っていたら段々愛着が湧いてきた。…この壺変な成分とか練り込まれてないよな?そんな事があったのが昨日。
そんで、今日なのだが。

「ウラガン、あれは何だ?」

キシリア様に頼み込んだら、ヒルドルブの件は思ったより良い返事が返ってきた。予備機として仮組みしていた2号車と、環境耐久試験に使っていた3号車を送ってくれる事になったのだ。3号車の方はバラして部品取りだが、それでもほぼ完成している機体が1機手に入るのは大きい。ついでに開発スタッフも何人か降りてきていて、ツィマッドに間借りしつつ、最終的にはMIP社から生産設備を持ってきてヒルドルブを製造するらしい。どんどん大事になってるな。
んで、今日はその機体の受け入れだったんだが。

「は、添付された資料によりますと、グラナダで開発した新兵器、とのことです。地上での動作試験実施の指令が届いております」

大型輸送機から運び出されているのは、どう見てもジオンのビックリドッキリメカ、アッザムである。そういえばグラナダに配備されているルナタンクを改造して造ったって設定でしたね。落ち着け俺、大丈夫だ。コイツの時は確かにやばかったが、史実でガンダムに襲われてもマさんは生き延びた。つまりコイツは死亡フラグじゃない、大丈…駄目だ、自分が騙しきれん。

「趣味の悪いタマネギだな。いや、食えるだけタマネギの方がマシかもしれん」

携帯端末に送られた資料に目を通しながら思わず口にしてしまう。いやだって、これどうしろというのだ。

「連続飛行時間は約50分、時速16キロ?メガ粒子砲を搭載しているが出力不足な上、ドライブさせると飛行時間が減るため発射数に制限がある?技術部はアホなのか?」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析