ハーメルン
起きたらマ・クベだったんだがジオンはもうダメかもしれない
第七話:0079/04/29 マ・クベ(偽)と青いアレ

あれから5日が過ぎ、少佐は精力的に地上での慣熟訓練に励んでいる。今日も元気よく爆走するヒルドルブを窓から見ながら、俺はせっせと業務を片付けていた。時折カタカタと部屋が揺れたり、砂埃が酷いとコック長が怒鳴り込んできたり、連日のヒルドルブの整備で担当の整備員が泣いていたりするが、オデッサは概ね平穏である。ごめん、配置転換したらあの子お出かけするから後1週間くらい我慢して欲しい。

「失礼します。参謀本部より回答が届きました」

鉱山の稼働状況に目を通していると、ウラガンが端末片手に入室してきた。

「読んでくれ」

内容は先日頼んだオデッサの生産拠点化に対するものだろう。まさか断られる事は無いだろうが、結構時間がかかるとかだろうか。

「現在ジオニック社は生産に追われており、機材及び人員を送ることは困難である。ついては、OEMにてMS生産実績を持つツィマッド社より選定、送付する。以上です」

「…そうか」

「大佐?」

「いや、何でも無い。承知した旨を伝えておいてくれ」

いかん、ちょっと動揺して固まってしまった。ここでまさかツィマッドとつながりが出来るとか、これ死亡フラグとかじゃないよな?

「…しかし、ツィマッドか。正直に言えば、やりにくいな」

実はマさん、軍内でもとりわけ技術部門に嫌われていたりする。しかも一番嫌っているのがこのツィマッドだったりするのだ。ガンダム好きならこれは意外に思うかもしれない、正直俺もびっくりした。だってツィマッドってギャン造った会社じゃん。え、むしろ賄賂とか袖の下とかでズブズブドロドロじゃないの?と、思っていたら理由は簡単だった。

統合整備計画である。

某眉無しの野望とかだと、結構後半に提案されるため勘違いされがちなのだが、意外にもこれをマさんが提唱した時期は早く、79年の2月にはもう言い出している。この頃採用されているMSはザクⅠとザクⅡだけ。操作系に大差の無いこの二機しかない時期に何故そんな事を言い出したのか。その答えはとっても簡単。ジオニック社に便宜を図る為だった。
この頃ジオン軍では、今後増大するであろう地上戦に対応した新型機を求めていたが、ジオニック社はこの新型機開発でツィマッド社に後れを取っていた。というのも、主力であるザクに対する軍からの性能向上要求で、JだのFだのRだのとマイナーチェンジ機を造る羽目になったため、新型機開発を担当するはずだったザクの設計チームが集められず、開発が遅々として進んでいなかったのである。
一方ツィマッドは、ヅダの反省とOEMで吸収したノウハウを基に順調に開発を進め、試作機の完成までこぎ着けており、しかも性能も良好だったことから、軍も採用に乗り気だった。焦ったのはジオニック社の経営陣である。この頃戦場は地球に移っていたため、宇宙での戦闘は小康状態であり、宇宙機の発注は頭打ちになっていた。ここにきて新型機の採用を持って行かれた場合、MSのシェアを大きく奪われてしまうことになる。半分国営企業のくせに気持ちに余裕がなさ過ぎるジオニック社は何とか採用をもぎ取るため、様々な手段を講じることになるのだが、その一つが統合整備計画だったわけである。
性能的には難癖が付けづらいツィマッドの新型機であったが、コックピットのデザインがザクから大きく変えられていたのだ。そこに目を付けたジオニック社は一部の軍人に働きかけ、それが極めて重大な問題であるように仕向けたのだ。んで、その一部の軍人というのがマさんである。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析