ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
第13話 集い始める力

 リヴァイアサン号がシロちゃんを乗せて一路関東へと進んでいる頃。東京都内のある大学の研究室では、一人の男が達成感に浸っていた。男のネットでの通称は植物学者。シロ民からきのみの科学的な検証について任された男だ。

「ふぅ……」

 まだ年若いといっていい男はゆったりと椅子に腰掛け、その背もたれに身体を預ける。いかにも疲れてますといわんばかりの男の視線の先にあるのは十数枚の紙……男の書いた論文だ。内容は当然、きのみについて。

「…………」

 男は今まで幾つもの論文を書いて来たし、それが人に認められた事もあれば、尊敬出来る教授に誉められた事もあった。植物学者として名が売れ、今では若くして講師の地位にまで上り詰めれてもいる。しかし、そんな彼をして今回の論文は期待と不安、その他諸々がごちゃ混ぜになって全く先が見えない代物になってしまっていた。
 勿論努力はしたと自負出来る。それこそここ2、3日は寝食を惜しんでやったと言える程度には打ち込んだのだ。尊敬する教授からの反応も悪くはなかった。どこぞのコネしかないボンクラ教授とは違い、ある種の叩き上げであるその教授からも及第点を貰えている。まぁ、懐疑的ではあったが……それは仕方ない事だ。男とて自分の目で見なければ信じなかっただろうから。

「……きのみ、か」

 一通りの仕事をこなしたという達成感が薄れ、本当にこんな論文で大丈夫なのかと不安が増してきた男の目に映るのは、大学の校内で大量に育てた青い果実……オレンの実と、それに関する自らが書いた論文の一枚。思い出すのはきのみに関する事だ。
 最初にきのみが現れたとき、実は男は見向きもしなかった。講師としての仕事が忙しかったし、何かの間違いか、仮に本当だったとしても自分が出る幕は無いだろうと。
 風向きが変わりだしたのは、その果実達を誰も解析できない状況が丸1ヶ月続いたとき。誰もが一番になる事(成功者の席)を争い、しかし最初(失敗の責任者)には成りたくないと奪い合いと押し付け合い、何より無能の足の引っ張りが続き……男がようやく舞台に上がったとき、誰もやらないなら自分がやると男が立ち上がったときに、風向きが変わりだした。
 そしてそんな彼に助言したオタク趣味なシロ民らしい友人の言葉、つまりシロ民なら答えを既に知っていると……その言葉を確かめにネットの海に潜ったとき、風向きが完全に変わった。向かい風でも、横風でもなく、追い風に。
 そこからはトントン拍子だった。あまりの調子の良さと事の簡単さに拍子抜けした程だ。何せ彼らシロ民の言う通りに、もっといえばシロちゃんの言う通りにすれば、その通りの結果が出たのだから。まるで、最初から答えが分かっているかの如く。

「……いや、事実分かっていたんだったな」

 自分の論文、その中の一文をチラリと見て呟く。男の論文の各所にはシロちゃんが描いたきのみの設定、その説明文が殆んどそのまま引用されていた。一応、自分の考えた事ではないと明言してはいるが……仕方のない事だった。まさかシロちゃんが論文を書く訳にもいかず、仮に書いたとしても誰も取り合わないだろうから。いや、場合によっては読もうとすらしないだろう。無名の、姿を見れば幼女並みの彼女を嘲笑するのがオチだ。……嘲笑した相手が元凶とも知らずに。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析