ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
第14話 最初のポケモン

 私がリヴァイアサン号に乗って早くも二日目。船は関東まであと少しのところまで来た……らしい。
 いや、らしいというのは私自身レーダーの見方なんて知らないし、陸地も見えないからだ。1つ確かに言えるのは、水平線というのは案外近い物だったという事か。

「わふぅ」
「機嫌良さげだね、ポチ……」
「わふ」

 昨日専門の人に毛並みを整えて貰ったのが嬉しいのか、心なし機嫌良さげに聞こえるポチの声をBGMに、私は船の通路横の窓から五キロ先の水平線を見る。勿論、海しか見えない。青く輝く海はそれだけでキレイだが……しかし、私の心は微塵も浮かなかった。何故か? 今着ている服のせいだ。

「うぅ……」

 私は小さく唸りながら、今着ている服の裾を弄る。
 別に着ている服が気に入らない訳でも、きわどい訳でもない。むしろそれらの逆。ユウカさんが進めて来た服が私によく似合い、また清楚な感じがするから断るに断れなかったのだ。具体的に何と呼べばいいのかは知らないが……恐らくワンピースの一種だろう。真っ白で膝下まで隠してくれるそれはかなり良い物の様に思えた。更に下着の類いから小物に至るまで買ってくれたユウカさんには、本当に頭が下がる思いだ。
 まぁ、その代わりとばかりに昨日は着せ替え人形にされたが……今日中に元総理に会う事を考えると、それも必要な事だったのだろう。最低でもセミフォーマルといえる格好をしておかないといけないのだし。
 とはいえ、いつもパーカーとジャージが基本だった私からするとこういう女の子女の子している服は馴染みが無く……ハッキリ言って落ち着かない。具体的にいうと足元がスースーして、心もとない事この上なかった。

「うぅ……!」

 しかし、ポケモンの為にはこの心もとなさにも慣れなければならないのだろう。このハリウッドにでも出るのかと聞きたくなるワンピーススタイルがセミフォーマルなのだとすると、これから着る機会は無数にあるだろうから。それこそ、お偉いさんに話をする回数だけ着るのは間違いなく……私の心はダイビング中だ。

「あら、シロちゃん。ここに居たのね」
「ユウカさん……」

 通路の向こうから歩いて来たのは、ユウカさんだった。彼女の服装も私と似たようなワンピーススタイルだったが、しかし私よりも遥かにハリウッド的な高級感と気品が溢れている。これが慣れか、それとも持って生まれた才能なのだろうか……? どちらにせよ、ユウカさんと私では比較にすらならないだろう。

「ポチちゃんも……うん、大丈夫そうね」
「グルゥ」

 しゃがんだユウカさんが何かを確認するかの様にポチの首もとを撫でて……それをボウッと端から見ていた私は、そこでハタと奇妙な疑問を持つ。
 ポチってこんなだっけ? と。
 黒い毛並みも、イケメンフェイスも変わってないように思えるし、この子が頼りになる私の家族なのは間違いない。しかし……ポチの牙や爪はあそこまで鋭かっただろうか? 特にあの眼光は、幾ら何でも圧がありすぎる様な気がする。……気のせいか?

「━━ちゃん、シロちゃん?」
「ぇ、あ、はい。どうかしましたか?」
「いえ、何だかボウッとしてたから……大丈夫?」
「あぁ、すみません。大丈夫です。…………その、ポチが何だか変わった様な気がして」
「グルゥ?」

 ポチは首をかしげ、ユウカさんは心配そうな表情を崩してポチへと視線を向ける。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析