ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
第1話 最初の異変

 ポケモン大好きTSアルビノ美少女である私の朝は基本的に早い。……嘘だ。基本的に遅い。ものすごく遅い。具体的に言うと昼過ぎだ。

「くぁ……ぁぁ。おはよー、ポチ」

 昼過ぎに起きて、一通りのルーチンをこなした私。そんな私は最後のルーチンをこなすべく、欠伸をしながら人の居ないリビングへと顔を出す。

「わふぅ……」

 人の居ないリビングで、たった一人の家族である黒毛の日本犬が呆れた様子で声を返してくれる。
 五、六年前に拾ったときは小さな子犬だったのに、今や立派に凛々しく成長した彼女は今日も優しい。モフモフしてもうっとおしそうにするだけで吠えもしないのだから。仕方のない奴だと思われているのだろう。あー、癒されるぅー……よし。

「行こうか。ポチ」

 存分にモフモフした私はリードを手に取り、ポチを日課の散歩へと誘った。彼女は無言で、しかし尻尾をブンブンと振りながら立ち上がる。その姿は「別に私は行かなくていいんだがな。仕方なくだ」と言っている様に思える。ホント、凛々しくて可愛い……私の家族だ。

「うーんと、よし。出発」
「わふ」

 ポチに緩くリードを付け、並んで家を出る。
 最初に浴びるのは寝起きの私を焼く熱い日差し。実にウザイ。心底ウザイ。SLBブチコミたい。そんな転生特典無いケド。……あぁ、これだから外には出たくないのだ。転生した私のプリティーボディは日差しに弱いのだし。
 私は日焼けなんて論外だとフードを深くかぶり、リード片手に足を進める。フードをかぶっても中が蒸れないのは季節のおかげか、今は少し肌寒い三月だからな。基本的に温度の高めな九州地方であるここも、そこは変わらない。

「ポチは、元気だね……」
「わふ」

 焼く様な日焼しが上からカカト落としを、アスファルトからの照り返しが下からアッパーカットを、それぞれ放たれたそれらにノックアウト寸前の私は羨ましげにポチに語りかける。何時もの事だ。なので彼女の仕方のない奴めと言わんばかりの呆れた返しもいつも通り。
 テクテクと、全く持っていつも通りな散歩道を進む。寂れ気味の住宅街を抜け、土手沿いを歩き、小さな公園を横切り、お互いのルーチンをこなし、田んぼが見えたところで引き返し、草木が生い茂る小山を通り過ぎ、寂れ気味の住宅街へと戻ってくる。散歩コースもパターン化したうちの一つで大した変化もなく、全くいつも通りだった。
 ここまでは。

「おぉーい。シロちゃんや! ちょっと来てくれんか!?」

 唐突に私、シロを呼び掛ける年老いた老人の声。ふと声のした方を見てみると、近所の老夫婦が私を手招きしていた。何事だろうか?

「はぁーい! 今行きます! ……行こうか、ポチ」
「わふぅ」

 やれやれといった様子のポチを連れ、久々に大声を出した喉を撫でながら足早に老夫婦へと歩み寄る。
 古く、そして大きい日本家屋に住む老夫婦は、その家よりも広い庭先で私を待っていた。お互いに挨拶を交わし、ふとお爺さんの手元を見れば見慣れぬ青いナニカが手の内に。それが理由か?

「ごめんねぇ、シロちゃん。散歩の途中に爺さんが呼び止めてしまって」
「いえ、大丈夫です。……その青いのが私を呼んだ理由ですか?」
「うむ。婆さんがシロちゃんならと言うんでついな。ほれ、これじゃよ」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析