ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
エイプリルフール企画 IF崩れた日常

 彼らは、突如として現れた。
 始めは果実の異変として。それは全国で点々と発生し、やがて日本中を被い尽くした。……だが、殆んど人間は気にもしない。何かがおかしいとは思いながらも、他人事だったのだ。
 真剣に悩み、困るのは農家の人だけ。
 専門家は変異した果実があまりに規格外に過ぎ、結論を中々出せない。そうしているうちに声だけがデカイ無能がこれは病気だ毒があると騒ぎたて。
 そして一般人は変異した果実には毒があると思い込み、手も着けなかった。変異した木ごと焼いた人もいる。
 なにより……一部の人間が果実の有用性や特異性を指摘しても、誰も彼も耳を貸さなかった。変異した果実を食べた無謀な勇者は嘘つき呼ばわりされ、その有用性を論文にした植物学者はコネしかない無能に潰された。

 あぁ、誰も彼も思いもしなかった。これが、前兆だなんて。チュートリアルだなんて、考えもしなかったのだ。もし、もし仮に『彼女が』居たならそうでなかっただろうが……そこに『彼女』は居なかった。
 テレビは若き植物学者を潰した無能を持ち上げ、才を持て余し気味だったアイドルの失墜劇を面白しろ可笑しく取り上げる。
 新聞ではオタク系の人間がネットで犯罪を犯したと論点をすり替えてネットやオタクそのものを批難し、その脇に小さく偉大な鹿児島出身の元陸軍少佐と、その弟子だった元総理の死を悼む文言を書く。
 世界は回っていた。異物の無い世界は予定通り回り……予定通り壊れる。

 怪物……別の世界でポケモンと呼ばれた者達の出現だ。

 最初は大した事はなかった。生物が変異したとはいえ、それはごく限られた範囲、限られた種類だけで、日常が変わると思える程ではなかったのだ。そもそも数だって少なかった。
 ……しかし、それは最初の数ヶ月だけ。人々がその存在に慣れようとした頃、事件が起こる。
 通称『針蜂事件』
 多数の死傷者を出した、悲しい事件。最初の怪物事件だ。

 事が起こったのは寒さの出始めた秋。関東各地の森や林から大型の蜂らしき何かが一斉に出現したのが始まりだ。
 最初に犠牲になったのは、この蜂をSNSにあげようと刺激した大学生達。その襲撃……いや、惨殺劇を生き残りがSNSに上げたのが始まりだ。
 林に近づく彼ら、飛び出す大きな針蜂、そして━━次の瞬間、串刺しにされ、あるいは射出された針に撃ち抜かれる若者達。……世間は、彼ら大学生達に非があるとは考えない。むしろ虫ごときが人を殺したと怒りとパニックを生み出した。更に悪い事に被害はそこだけではすまない。関東各地で発生した針蜂達は人も動物も、同じ怪物すら襲って殺していくのだ! その被害者は最終的に、5万人近くまで増えてしまっていた。

 これに対する政府の反応は鈍かった。総理大臣が首脳会議の為に海外にいた事もあるし、野党が足を引っ張った事もある。結局、自衛隊の出動が行われたのは針蜂出現から丸2日たった後だったのだ。
 しかし、そうして出動した自衛隊にも被害が出た。意気揚々と出撃した歩兵は串刺しにされ、敵討ちだとその仲間が小銃を発砲するも中々死なない。事はどんどんと大きくなり、歩兵の火器では殲滅困難との報告が上がる。……が、これに対する政府と民間人の動きは鈍い。政府は野党が足を引っ張っており、マトモに機能していなかったのだ。更に民間人の避難が遅れていたのも問題だった。地震ならまだしも虫ごときで避難する人間は半数以下で、残った大勢の人々の為に、自衛隊はより強力な火器……戦車や対戦ヘリの投入が出来なかったのだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析