ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
第2話 配信、疑念の『きのみ』

「はい、皆さんこんばんは。シロです。今日は予定通り雑談しつつお絵描きしていきます」

 ポチも居なくなって一人ぼっちの部屋に私の声が響く。しかし虚しくはない。今の私は一人ではないからだ。

『わこつ』『待ってた』『初見』『ワイも初見』『ワシ古参』
『今日もシロちゃんの声がかわいい……』『お手てもな』『髪の毛勢のワイ、今は低見の見物』

「はい、わこつ有り難うございます。初見さんはゆっくり見ていって下さいね。可愛いですか? 有り難うございます」

 パソコンの液晶画面を流れていく無数のコメントの幾つかに反応を返し、返答していく。可愛い関連が多いが……まぁ、今世のボディはプリティーやからな! 仕方ない、仕方ない。礼は言っておいてやるZE。
 何気なくチラリと確認すれば既に千人近くが見ている様だ。あぁ、私は一人ではない。この数字に気圧されていた頃を懐かしむ暇もある。大丈夫だ。やっていこう。

『うっ、ふぅ……』『ふぅ……』
『お前ら何してんだ』『何ってそりゃナニだろ』
『貴様ら何をしとるか!』『ヤベーぞ、犬兵だ!』

 大丈夫だ! やっていこう! 自浄作用も働いてるしな!

「今日の一枚目は……そうですね。一通りのポケモンは二回づつは描きましたし、初心に帰るつもりでポッポを描きましょうか」

『ポッポか』『ポッポ?』『あぁ、あの鳥ね』
『誰か説明してクレメンス』『鳥だ』『鳥だな』『ちげーよ小鳥だ』『お前ら説明してやれよ……鳥だな』『草』

「あはは……皆さん中々酷いですね。まぁ鳥ですけど、ポッポはポッポですよ?」

『せやな』『セヤナー』『ポッポはポッポやからな』『鳩ポッポー』『ポッポー』
『誰か、説明を……』『分かったから待て』

 ポッポに対する視聴者さんの認識が酷かったが……まぁ鳥で間違いないのは事実だ。元ネタは鳩と、そして複数の小鳥を混ぜたモノだと言われていたからな。鳥としか言いようがないだろう。鳩にしてはイケメン過ぎるし。
 ささっと手を動かし、愛用の鉛筆で紙にポッポを描いていく。このとき絵に集中し過ぎると何故か微妙に下手くなるので、特に意識はせずに描き進める。

『はー、相変わらず上手いなぁ』『あれだよな。参考にならない上手さ』『シロちゃんのそれは才能やからね』

「あはは……有り難うございます。自分では良く分からないんですけどね」

 お礼を言いつつも、中々に痛い指摘だと噛み締める。何せ概ね事実だ。この身体に宿っている絵心というか、画力といのか、そういう才能が凄まじいからこそ、私はポケモンを描ける。他の人と共有できるのだ。

『お手て綺麗』『お手てちっちゃい』『ちっちゃい真っ白お手て……』『何を言うか、チラチラ映るロングの白髪こそ……うっ』
『う、ふぅ……』『ふぅ……』『ふぅ……』『貴様ら何をしとるか!』
『ヤベーぞ犬兵だ!』『ほーら骨だぞ取ってこーい!』『わうーん!』

 共有できるのだ! てか自浄作用要員買収されんな! 頑張れよ! もうちょっと頑張ってみろって! ネバーギブアップ!

『説明、を……』『おい初見が死にかけてるぞ』『あー、初見にはちとキツいわな』『シロちゃんが描くのは完全なオリキャラやからなぁ』

 オリキャラではないのだが……言っても仕方あるまい。それより初見が死にかけてるのを何とかしないと。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析