ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
第3話 検証、オレンの実

 LEDの明かりが照らす部屋の中、私はパソコンにかじりつく様に椅子に座っていた。時刻は既に日を跨いでおり、今の私はきっとしかめっ面をしているに違いない。

『やっぱり新しい情報は無いですか?』

 愛用のキーボードを叩き、掲示板にそう書き込む。そして書き込んでから気づくのは、その文章がもう二度目だと言うこと。

『無いな』『無い』『ニュースサイト巡ったけど、どこも一緒だった』『やっぱりシロちゃんが一番詳しいで』『ポケモンの設定をまとめてるサイトが一番詳しく書いてる状況やからな』

 そう、きのみ検証板と名付けられたソコでの会議は堂々巡りになりつつあったのだ。新しい情報を求める私と、私に何かを期待するシロ民達で。
 私はこの件を徹底的に追究するつもりだが、このままでは追究し終わるより先にシロ民達が飽きてしまうだろう。彼らはあくまで善意の協力者、飽きてしまうのは仕方ないし、無理強いも出来ないのだから。……仕方ない。情報が足りないが、踏み込もう。

「はぁ、ふぅ……」

『今集まっている情報で、検証を始めます』

 深く、しかし短く深呼吸して、検証開始を宣言する。

『よっしゃ』『待ってました』『シロ様、我らに知恵を!』『おい犬兵、身内が暴走しとるぞ』『あれはドM犬兵だ。身内ではない』『見捨てられてて草』『シロ様ぁー!』

 スルスルと流れるスレを追いながら、私は何を話したものかと悩む。
 今集まっている情報は殆んどが知っている物ばかりで、検証も何もなくオレンの実だと言ってくるのだ。検証する事がない。しかし問題は私がそれを信じれない事。ポケモンが現実に現れるなんて、それこそ幻想だからだ。
 ならば検証の焦点は……私が信じるしかない情報を手に入れる事、これだろう。

『先ずはオレンの実からいきましょう。手元にある人はどれくらい居ますか?』
『持ってない』『俺も持ってない』『手元には無いな。近所で見かけたが』『冷蔵庫にあるわ。取ってくる』『俺はこたつの上に置いてたな。違和感しかなかった。ちょっと取ってくる』『手元に幾つかあるで。少しかじったけど……本当にクソ不味いんだな、コレ』『なぜ食ったし』

 私自身手元にあるオレンの実を引き寄せながらコメを読む。持ってない人も多いが……持っている人もまた多い様だ。案外手に入れ易いのか? ……聞いてみるか。

『皆さんどうやってオレンの実(仮)を手に入れたんですか? 私は配信中言ったように、ミカンの木を植えてる近所の人から譲って貰ったのですが……』

『取って来た。オレンの実は庭になってた。小さめの柑橘系の木で、ミカンの木ではなかったと記憶している』『取って来たで。俺はシロちゃんに同じく。近所の人から貰った』『食うんじゃなかったよ……あぁ、俺は公園になってたのを拝借した。……いや、シロちゃんの言ってた奴じゃね? って気になったら、つい』『つい、じゃないだろ……』『今は反省してる。だがシロちゃんの力になれるなら後悔は無い』『ワカル』『ワカルマーン』『犬兵、仕事しろ』『いや、逮捕状無いから……』『無能犬兵』『わうーん……』

 ふむ。どうやら比較的手に入れ易い様だ。全国的に発生しているせいもあるのだろうが……オレンの実がなる条件は緩いのか? 確かにゲームでは果実とは思えないスピードで成長するし、大した世話も必要無いが……


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析