ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
第5話 きのみ、ニュースにて語られる?

 きのみ検証掲示板での検証と雑談から一夜開けた昼。私は珍しく昼前に目を覚まし、ご飯も食べずに外に出ていた。
 理由は勿論、オレンの実を植える為だ。
 長袖のジップパーカーと長ズボンという、ファッション性よりも日差しを遮る事に重きを置いた衣服で外に出た私のポケットと手の中にはオレンの実が握られ、それは今や半ば以上土に埋まっている。

「ワフゥン?」
「あ、ポチ。おはよう」
「わふぅ」

 せっせせっせときのみを植える私が珍しかったのか、それとも昨日に引き続いてオレンの実が気になるのか、いつの間にか「何をしてるんだ?」と言いたげなポチが私の近くまで来ていた。
 お互いに挨拶を交わしたあとは特に何も言わず、何もせず。私はきのみを植え、ポチはそれを見守る。なんだか穏やかな時間だった。

「楽しみだね。ポチ」
「わふぅ?」

 きのみを全て埋め終えた私はポチにそういった後、古びたジョウロできのみに水をやり。テキトーな鼻歌を歌いながら、ポチを連れて家の中に戻る。あれがゲーム通りのオレンの実なら次の水やりは三時間後だなと思いながら。

「~♪」

 家に戻った私は暫く鼻歌を続行しつつポチのご飯を用意した後、自分の分として食パンにジャムを付けてもそもそと食べ始める。
 そうしてチビチビと食べていて思うのは、これが男だった前世なら朝に食パン一枚なんて耐えられなかっただろうし、そもそも考慮すらしなかっただろうという事だ。まぁ、今世のマイボディたるこのロリボディは燃費が良いのか、それとも単純に胃が小さいのか、食パン一枚で事足りてしまうのだが。

 もそもそモヒモヒ、喉が乾けば牛乳を一飲み。そしてまたチビチビと食べ進め……ふと何気なくテレビのリモコンを手に取って、そのまま特に考える事もなくテレビの電源を入れる。
 殆んどノータイムで起動した画面に映るのは……どうやらニュース番組、それもワイドショーの様だ。普段は絶対見ない、馴染みなんて欠片もないタイプの番組だ。

『では次の話題にいきましょう。次の話題は、こちら! 『日本各地でおかしくなった果実』です! 今回はこの件について日本各地に取材を行い、また専門家の方にスタジオまでお越し頂きました。先ずはVTRをどうぞ!』

 ニュース番組と気づいてすぐにテレビを消そうとした私の腕が止まる。今アナウンサーが言った『日本各地でおかしくなった果実』とは、きのみの事だからだ。……なにか新しい情報があるかも知れない。そう思ってしまい、私はテレビを消す事が出来なくなっていた。
 私が食パン片手に固まっている間にも番組は進行し、農家の人へのインタビューが始まっている。背景とテロップを読むに、今はリンゴ農家の人の様だ。

『えぇ、いつの間にかですよ。前触れなんて全然ありませんでした。……見てくださいこの木を。コイツの収穫はまだまだ先なんですが、いつの間にかこのサクランボみたいな小さいのが生ってるんです。━━味? 酷いもんです。うちのは甘さとホンの少しの酸味が自慢だったのに、何故か辛いし、渋みまである。たまったもんじゃないですよ。━━不安? そりゃこんな訳が分からないのが出来て、次の収穫が出来るのかは不安ですね。こんな訳分からないじゃ売れないし、早いとこ原因を突き止めて貰わないと、ワシらみたいな農家は廃業ですよ』

 質問のテロップを挟みながらも、心底困った様子でそう語ってみせるリンゴ農家のジーさん。その有り様は同情を誘うに価するだろう。だが、私は同情どころでは無かった。リンゴ農家のジーさんが訳が分からないと吐き捨てたその小さな果実、それは私の目と記憶が確かならポケモンの『きのみ』それもヒメリの実だからだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析