ハーメルン
ポケットモンスター 侵食される現代世界
第6話 関東へ向かうべきはいつか?

『皆さん、賑わっているみたいですね』

 先ずは普通に。そう考えてうちの決意が滲み出ない様に注意しつつ、ごく普通の書き込みを行う。反応は……直ぐだった。

『待ってた』『シロちゃんキター!』『おう植物学者、準備はいいか?』『シロちゃん今までのまとめいる?』『あぁシロちゃんだー! 久しぶりー!』『アイドルネキ落ち着け。マジで落ち着け』

 今までROM専してた人まで書き込みするものだから、一気に数十は進む。読み取れたのはごく少数だ。とはいえさかのぼっている暇はあるまい。一先ず読み取れたコメを幾つか拾おう。

『植物学者さん、ご協力有り難うございます。私に聞きたい事があったら何でも聞いて下さい。まとめの提案有り難うございます。けどちゃんと読んで来たので大丈夫ですよ。それとアイドルネキお久しぶりです。二週間くらいですかね?』

『ん? 今何でも答えるって』『植物学者限定でな。裏山しす』『ちゃんとROMシロちゃん。さすシロ』『さすシロ』『きゃー! シロちゃんに覚えて貰ってたー!』『アイドルネキそろそろ落ち着け……ていうか覚える云々は普通逆だからな……?』『黙れ犬』『(´;ω;`)』『憐れな……』

 いつもより人が多いのか、スレの消費がかなり早い。読み取るのも割りと一杯一杯だ。……これで動く提案なんて出来るのか? いや、人が多いのは必ずしも悪い事ではないんだ。大丈夫。やってみせる。
 ……けど、その前に。

『今日は皆さんに提案があるのですが、その前にきのみの栽培についてまとめ……というよりは総括しようと思います』

 私はそこまで書き込んだ後。ふぅ、と一息ついて、窓の方をチラリと見る。残念ながら角度がまるで足りず、庭で成長しているオレンの実は確認出来なかったが、それでも頭の整理には充分だった。

『先ず、オレンの実を始めとしたきのみはポケモンと同じ様に栽培、収穫が出来る。またその効果もおおよそ同一であり、変化は見られない。そして、現在確認されているきのみはナンバー10までである……これでいいでしょうか?』

 オレンの実の栽培と収穫。これは希望的観測が入っていたとはいえ、殆んど確信していた事だ。とはいえここで前提が崩れてはどうしようもないので一応確認を。効果も同じく。
 問題は現在出現しているきのみの種類だが……実はナンバー10のオボンの実だけ確認していない。ナンバー8のキーの実は今日の散歩中に姿だけとはいえ存在を確認できたのだが。

『シロちゃん食い気味?』『そりゃ食い気味にも……この台詞前にも言った気がする』『栽培、収穫、効果は植物学者と検証したから間違いない』『セヤナ』『植物学者有能』『なおテレビ』『なお煽り耐性』『やめやめろ!』『てかナンバー10って何だっけ?』『オボンやな。俺は見てない』『あの黄色のデコポンか。俺も見てないな。シロちゃんは見たのかな?』『俺も見てないなぁ』

「? 見てない人ばかり? そんなはずは……」

 栽培、収穫、効果はシロ民でも意見が一致しているようで反論はない。
 しかしオボンの実に関しては見てないという意見ばかりだった。ナンバー10以降が出てないのはまだ仕方ないにしても、オボンの実が出てこないのは不自然に思えるのだが……私が思っているよりも、まだまだポケモンは遠いのだろうか?

『あー、オボンならどっかで見たよ。どこだったかな……』

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析