ハーメルン
ギレンの野望(笑)
12話 UC0070年9月

アナハイム・エレクトロニクス社
フォン・ブラウン工場

やあ…諸君。ギレン・ザビである。
今日はアナハイム社から連邦軍の最新鋭戦艦であるマゼラン級の進宙式に呼んで貰ったので月のフォン・ブラウンまで来ている。
ハマーン様事件の後、アイナの対応が冷たくて事務的な口調でしか口を聞いてくれず家に居づらいからとかでは決してない。

さて我がジオンでもムサイ級(ムサイ後期型の設計仕様)の設計と試作は完了しているものの、現時点で本格的に量産に入ると連邦軍の警戒が強くなるため今はムサイ級に容易に改造できるように設計した輸送船アルカナ級の建造を開始し、新興企業のGNCで運用を始めている。

GNC(ギレン・ネットワーク・カンパニー)は早い、安い、うまい…ではなく手続き簡単を売りに俺が立ち上げた私設の物流企業である。本来軽巡洋艦として開発された事に伴うアルカナ級の足の速さと、使い勝手の良いモビルワーカーとのセット運用による大幅なコスト削減、職権乱用による簡単手続きが売りで他のサイドからも問い合わせがくる程の人気ぶりとなっていた。

それはさておき、今日の主役は連邦の戦艦であるマゼランである。まだ連邦ではメガ粒子砲が完成していないため、主砲はレールガンとなっている。そのため主砲の形状は多少違うものの、それ以外は俺が知っているマゼラン級と大差はなかった。今のところ連邦の大艦巨砲主義に変化はないようなのでほっとしていると、アナハイム社のビスト会長が話しかけてきた。

「自分でご招待しておいて何ですが、まさかギレン閣下にお越し頂けるとは思いませんでした。どうですかな?このマゼラン級戦艦は?」

「素晴らしい艦だな。宇宙海賊に対抗する為に開発されたと聞いたが、どんな海賊があれに対抗できるというのやら。私としてはあの強大な砲口が我が国に向くことがないよう祈るばかりだ。」

まだ計画段階らしいが、将来的にはマゼラン級戦艦だけでも50隻近く、サラミス級巡洋艦やレパント級ミサイルフリゲートを含めれば400隻近い艦艇を建造する計画だという。それをコロニーの税金で造るというのだからサイド3のみならずスペースノイド全体から抗議の声があがるのもやむ無しというものだろう。

「ハハハ。そのような事態にならぬようジオンとは今後は仲良くしていきたいものですな。」

く、人事だと思って余裕ぶりやがって…
ん?そういえば確かこいつは…

「私もアナハイムとは仲良くやっていければと思っている。そういえばビスト会長のフルネームはサイアム・ビストでよろしかったか?」

「?はい。そうですが…それが何か?」

間違いない。こいつが「箱」を持っているサイアム・ビストだ。

「クク…。やはりそうでしたか…。「箱」の力を持ってすればアナハイム社は今後も安泰。そういう事ですかな?」

「!!?!?な…。は、箱とは何の事でしょう?」

「ほう。このような人目のある所で「箱」について語っても良いのか?「羊飼い」殿」

「!!!!…。いったい何処までお知りに…いえ、よろしければ場所を改めてお話しさせて頂ければと思います。」

「そうですな。それでは場所を移すとしましょう。」

フフフ。混乱しているな。自分以外に知る人のいないハズの秘密をもっとも知られてはならない人物に知られていたと言うのだからそれも当然というものだが。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析