ハーメルン
ギレンの野望(笑)
18話 UC0073年2月

サイド3 ジオ・マッド社研究所

やあ…諸君。新年あけましておめでとう。
最近シリアスなシーンが多いのでそろそろアイナ嬢にセクハラのひとつもしてみたいギレン・ザビである。
というか同じ家で暮らしているのに屋敷が大きすぎて一度も着替えシーンに遭遇とかないので家が大きいのも考えものである。

昨年アステロイドベルトを出発して地球に向かっていたア・バオア・クーが今月の初めにサイド3宙域に到着した。
ちょうどキシリアから最近連邦軍の情報部がジオ・マッド社周辺をうろついているとの情報が上がっていたため、開発拠点をア・バオア・クーに移す事になり現在その引っ越し作業の真っ最中である。

「忙しくしている所にすまんな、ギニアス。」

「とんでもありませんギレン閣下。閣下がお呼びとあればどこへでも喜んで参りましょう。」

「アイナといい貴様ら兄妹には世話になってばかりだな。今後とも頼りにさせて貰う。」

「過分なお褒めの言葉をいただき、身に余る光栄でございます。全力で努めてまいります。」

「ウム。まあ体に無理のない程度にな。さてそれでは現在の状況について説明してくれ。」

「はっ。まず此方が今回完成した連邦のセイバーフィッシュのデータを基に開発した全領域型多用途戦闘機「F-1 セイバードップ」です。」

そう紹介されたのは上から見れば「山」の字に見えそうなドップとは似ても似つかぬ航空機だった。ていうかあの両翼の端についてる巨大な板状のものは何だ??

「装備換装により宇宙、地上問わずあらゆる空域での運用が可能なうえ、防空、対艦、偵察あらゆる任務に対応可能な設計となっており、閣下のアイデアから開発したムーバブル・シールド・バインダーにより地上における垂直離着陸さえ可能となっております。」

「ムーバブル・シールド・バインダー?」

「はい。セイバードップは機体の両翼端にフレームを介してこのガトリング砲1基とスラスター2基を内装したバインダーが取り付けられており、このバインダーのフレキシブルな可動により、従来の航空機とは比較にならない様々な挙動をとることが可能となっております。」

どうやらセイバーフィッシュの設計図を渡す時にギャプランの話をしたのがこうなった原因のようだ。まあギャプラン改と似たような設計なのに強化人間専用機とかにならなくて良かった。

「性能はどうなのだ?」

「運動性こそモビルスーツには及びませんが機動性ではMS-04を上回る性能となっております。」

「フム。それはなかなかのものだな。よし。それでは至急量産体制に入れ。モビルスーツの開発についてはどうなっている?」

「ご案内します。」

案内された先にあったのはどことなく狼をイメージさせる細身のシルエットのモビルスーツだった。

「此方が現在エースパイロット向けに開発中のYMS-05 ヅダになります。MS-04をベースに旧ツイマッド社のチームが開発した新型エンジンを搭載する事でMS-04の2倍程度の機動力の獲得を目指しています。ただ、現時点では機体の耐久力がエンジンの出力においついておらず先日のテストでは危うく自損しそうになってしまったため現在再設計中です。」

「ウム。時間をかけても構わないのでヅダる事のない機体に仕上げてくれ。」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析