ハーメルン
ギレンの野望(笑)
19話 UC0073年6月

サイド3宙域 MS-04コクピット内

やあ…諸君。ギレン・ザビである。
今日はMS用OSの為のデータ収集の為にサイド3宙域に来ている。
しかし宇宙での操縦はやはり着艦が難しいな。発艦はカタパルトで打ち出すだけだし障害物がない宙域なら宇宙での操縦は簡単なのだが。
ガイドビーコンを採用するのも手だが船を沈められても困るしなぁ。

「あ、アイナ。着艦はもう少し相対速度を落としてから。減速して減速。」

やはりドロスのようなMS用の大型空母を建造するべきだね。よし早速ジオ・マッド社に発注しよう。
固定の主砲は外してGNC用の超大型輸送艦という名目にでもしておけば連邦も文句は言えないだろう。武装は後であれを搭載すれば良い。

「そうそう。その調子…と。そこでその着艦フックを持って…。そうそれで良い。
うん。なかなか上手く着艦できたな。
これで発艦から着艦まで一通りできたので少し休憩してからもう一度同じようにやって貰おう。」

ふぅ…。さて、そろそろ現実逃避はやめるとしよう。
先日メイからテストパイロットを増やして欲しいとのオーダーがあった。話を聞けば俺やハマーン嬢では操縦技術が高すぎて新兵が操縦する際のデータの参考にならないそうだ。
その為、他のテストパイロットを用意するという話になったのだがどうせなら身近な人の方が良いというメイ嬢の意見で気がつけばアイナがテストパイロットをする事になり、アイナの要望で私が操縦を教える事になっていた。
そして現在νガンダムに二人乗りしたアムロとチェーンのようにザクのコクピットに二人でいる。童貞の俺にこの距離は近すぎる。どうしてこうなった。

「ありがとうございましたギレン閣下。お陰で何とか無事に着艦する事ができました。」

「なかなかセンスが良い。このまま上達していけば一人で操縦出来るようになる日もそう遠くないだろう。」

流石原作で本職でもないのに高機動型ザクやアプサラスを乗りこなしていただけある。

「ありがとうございます。ふぅ…空調の調子が今ひとつなのかしら?…。汗をかきました。」

おい。ノーマルスーツの胸元をあけるな。目がそっちにいって訓練にならないではないか。

「ドリンクがあるが飲むか?」

「頂きます。ふぅ、暑いのは嫌ですが、飲み物が美味しくいただけるのは、嬉しいことですわ。」

くそ…。ただストローを咥えているだけでもこの距離で美人が相手だとエロく感じてしまう。このままだと違う意味で危険な気がするのでさっさと訓練にもどる事にした。

「それではもう一度出るぞ。ブリッジ、カタパルトの用意を。メイ、データとりは大丈夫か?」

「此方ブリッジ、何時でも大丈夫ですぜ閣下。」

「データは順調にとれているよー。次はさっき通った辺りのアステロイドに着地させてみて欲しいな。」

「了解。出来るか?アイナ。」

「はい。やってみます。アイナ・サハリン、ザク出ます!」

アイナの合図とともにカタパルトが起動し機体が急激に加速していく。

「くうっ…。」

慣れた俺にはたいしたことのない加速だが、ついこの前までほとんど操縦経験のないアイナにはキツイのだろう。思わず声を上げていた。

「大丈夫か。アイナ?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析