ハーメルン
ギレンの野望(笑)
2話 UC0068年4月

ジオン共和国中央病院VIPルーム

やあ…諸君。ギレン・ザビである。
前回ドズルにアイナ様を身の回りの世話に寄越して欲しいと頼んでみたところ、二つ返事で来てくれる事になったのだが…一つ大事な事を私は忘れていた。

MS08小隊でこそ妙齢の美少女であるアイナ様だが、現在は原作開始の10年以上前である。つまり…

「ア、アイナ・サハリン14歳です。この度、閣下のお側で働かせて頂く事になりました。どうかよろしくお願い致します。」

アイナ様はまだ14歳だったよ!史実と違って一桁とかではなかったものの、それでも見舞いにきたデギン公に

「ギレン…。お前はいつからロリコンになったのだ?」

とか言われてしまったよ!
流石に自分から名指しで指名しておきながら、やっぱり無しでとは言えないので

「セシリアが優秀そうだと言っていたのを思い出しましてな。もとより子供に手など出しはしませんよ。」

としか言えなかったよ…。死人に口なし。ごめんよ。セシリア…。

幸いアイナ様…様だと今は何か違和感があるので、サハリン嬢は一生懸命俺の世話をしてくれている。
おかげで快適に過ごせるようになってきた。

さて、俺がロリコン疑惑を必死に収めている間に時間は進み、気がつけばダイクン一家はラル家からローゼルシア邸に移っていた。
このままだとランバ・ラルがダイクンの遺児をローゼルシア邸から逃がす時にアストライアと離れ離れにしてしまいその事を盛大に逆恨みされてしまう。
そうなると後々ダイクン派ともめて面倒くさい事になりそうなので見舞いに来たドズルにランバ・ラルを呼んで貰う事にした。

「失礼します。」

「よく来たな。ランバ・ラル。今日は貴様に頼みがあってな。」

「は…自分に、でありますか?」

「そうだ。お前以外には頼めない事だからな。」

怪訝そうな顔で此方を見てくるランバ・ラルに対し、とっておきの爆弾をぶつけてみた。

「何、それほど難しい事ではない。お前がダイクンの遺児を逃がす時にアストライアも一緒に逃がして欲しいというだけだ。」

「!!!!!」

歴戦の武人であるランバ・ラルが絶句し、後ずさった事からその言葉で受けた衝撃の大きさが読み取れた。

「な、何の事でありましょうか?閣下」

「ふん。隠す気ならこの程度の事で動揺をみせるな。貴様がダイクンの遺児とジンバ・ラルを地球へ逃がす為に動いている件についてだ。アストライアまでいなくなれば騒動が大きくなり逃げ切れないと踏んでキャスバル達だけ逃がす事にしたのだろうが、そちらの対処は私の方で引き受けよう。故に遠慮なくアストライアも連れて逃げるが良い。」

「…」

「受け取れ。これが貴様が私の特命で動いている事を証明する命令書だ。これがあれば厳戒態勢下でも問題なく検問を突破することができるだろう。」

半信半疑といった顔で命令書を受け取ったランバ・ラルだが、命令書の中身を確認しそれが私の言った通りのものである事を確認すると重い口を開いた。

「お考えを…お聞かせ頂けないでしょうか?ザビ家であるあなたが、何故ダイクン一家を逃がす事に力を貸そうというのですか?」

「今のザビ家の繁栄はダイクンがあったからこそだ。故にザビ家はダイクンには借りがある。その借りをダイクン一家に返す事は特段おかしな事ではあるまい。ああ、ジンバ・ラルを見逃すのはダイクン一家を見逃すついでだ。ランバ・ラル貴様に貸し一つだぞ。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析