ハーメルン
ギレンの野望(笑)
6話 UC0069年2月

サイド3 ジオ・マッド社研究所

やあ…諸君。新年あけましておめでとう。ギレン・ザビである。
ハゲをアステロイドベルト送りにして、寝正月も一段落したので今日はジオ・マッド社の視察に来ていた。
ミノフスキー博士はミノフスキー粒子を使った小型核融合炉の開発で忙しいようなので代わりにアイナの兄であるギニアス・サハリンが案内してくれる事になった。

案内してくれているギニアス曰く、まだ3社が経営統合されてそれほど日がたっていないものの、今までそれぞれの会社が秘匿してきた技術情報を共有する事で次々と新しい技術が産まれているという。
今日はその中で産まれたジオ・マッド社の新製品第一号を見せてくれるという事だった。

…ってこれプチモビじゃね??思わず

「ギニアス。これは先日私が貴様に話したプチモビのように見えるが?」

と聞いてみれば、

「はっ。ギレン閣下よりお聞かせ頂いたアイデアがあまりに素晴らしかったため、今回ジオ・マッド社の製品第一号として使わせて頂きました。閣下のアイデアを無断で使用させて頂いた事、どうかお許しを…。」

と神妙な顔で深々と頭を下げてきた。なので

「私のアイデアが今後ジオンの柱石を担っていくジオ・マッド社の役にたったというなら許すも何もない。MS-01 の形式番号とモビリティ・スーツの名称を与えその量産と販売を許可する。」

と言ってみた。まあそもそも俺のアイデアという訳ではないしね!そして視界の端にアイナを捉え

「それにギニアス、貴様の妹には色々と世話になっている。故に今後より一層職務に励む事を貴様への罰として命じる。」

とか言ってみた。やべ何か今の俺ちょっと格好よくね?

ついでに他に何か良いアイデアがないか聞かれたので、今度はメガ粒子砲とモビルワーカー01型について簡単にスケッチして説明してみた。ミノフスキー粒子の兵器転用と人形の大型汎用作業機械という概念は斬新だったようでどうやら次はこれらを開発する気になったようだ。

ククク…これは上手くやれば大好きなガンプラをこいつらに造らせる事ができるかもしれん。
試作モデルを造った時に送ってくれるのなら他にも色々とアイデアを出せるかもしれないと提案した所、試作モデルができ次第送ってくれる事になった。
今後俺が欲しいガンプラのイメージを送ってあげる事にしよう。

俺に上手く利用されているとも知らず喜んでいる愚かなジオ・マッド社の研究員どもを尻目に研究所を後にするのであった。

一一一一一一一一一一一一

side
ギニアス・サハリン

私はギレン閣下に初めてお会いした日の事を生涯忘れる事はないだろう。
ジオ・マッド社への技術顧問に抜擢して頂いたお礼に伺ったあの日の事を。

「この度、技術顧問としてジオ・マッド社に派遣される事になりました。閣下のお力添え誠にありがとうございました。」

「ウム。技術顧問への就任おめでとう。先ずは祝いの言葉を述べさせて貰おう。しかし貴様はひとつ思い違いをしているようだ。」

「思い違い…でありますか?」

「そうだ。私は貴様が技術顧問として相応しい人材であるから推薦しただけであり、便宜など何一つ図っていない。仮にアイナ嬢が私の元で働いていなかったとしても、私は同じように貴様を推薦しただろう。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析