ハーメルン
ギレンの野望(笑)
7話 UC0069年8月①

サイド3 ギレン邸

やあ…諸君。ギレン・ザビである。
今月は色々あったのでひとつずつ振り返ってみたいと思う。

以前から議会の大多数を掌握しジオン共和国の実質的な支配者となっていた我々ザビ家であるが、我らが父デギンはそれだけでは連邦に対抗できないと判断してUC0069年8月15日に共和制を廃止し、公王制(君主制)への移行を宣言した。

この行為に反発した一部のダイクン派が爆弾テロを計画し、それをキシリア配下の治安部隊が制圧した事で只でさえ少ないダイクン派は更に窮地に追い込まれる事になったのである。
このままだとキシリアがダイクン派を更に弾圧して後々禍根を残しそうだったので穏健派のマハラジャにダイクン派への対応策を相談する事にした。

「マハラジャ・カーン入ります。」

「うむ。よくきたな。マハラジャ。アイナ、飲み物を出したら少し席を外してくれ。」

飲み物を出してから一礼して退室していくアイナを見てマハラジャが口を開く。

「よく躾られている娘ですな。」

「うむ。よくやってくれている。しかしダイクン派の中にも同様に優れた能力を持つ者はいるだろう。今日はそれらダイクン派の者への対応について貴様に相談したくてな。」

「何と…。」

「フフフ。私がダイクン派に配慮するような話をすると何故か皆同じような反応をするな。」

「これは失礼致しました。予想外のお言葉でしたので思わず…。」

「構わんよ。それよりもダイクン派の今後についてだ。このままサイド3にダイクン派が留まればザビ派との衝突は避けられまい。なので貴様にはダイクン派の人間をまとめてアステロイドベルトの開発に行って貰いたくてな。」

まあ本音はアステロイドベルト派遣艦隊から色々とよさそうな衛星を発見したとの報告があったのだが、アステロイドベルト開発に行ってくれそうな人材がなかなか見つからなかったからだけどね!

「アステロイドベルト開発…でありますか…?」

「これを見ろ。」

そう言いながら部屋のスクリーンにデラーズから送られてきたアクシズの映像を映し出す。

「これは…。」

「先日アステロイドベルトに派遣した艦隊から送られてきた映像だ。先遣艦隊の旗艦からとってアクシズと名付けた。膨大な鉱物資源の存在が確認された衛星で今後のアステロイドベルト開発の重要拠点となるだろう。ここを開発する人員にダイクン派の人間を使う事でザビ家派の人間との不要な衝突を避けられると思ってな。」

「それは確かにジオン本国とアステロイドベルト程の距離があれば衝突する事はないのでしょうが…」

理解を示しつつも何か言いたげなマハラジャの顔を見て、此方からマハラジャが懸念しているだろう事について切りだしてみる。

「貴様の懸念については予想できる。地球連邦がスペースノイドを宇宙に捨てたように我々ザビ家がダイクン派をアステロイドベルトに捨てようとしている。そう考えたのではないか?」

「…はい。少なくともそう受けとる者が現れるのは間違いないと思われます。」

「そうだろうな。なのでアクシズ開発には明確な期限をもうける。早期にアクシズに大型の核パルスエンジンを設置し、10年以内にアクシズごと地球圏へ帰還させる事を約束しよう。」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析