ハーメルン
ギレンの野望(笑)
8話 UC0069年8月②

サイド3 ギレン邸

やあ…諸君。前回からの続きである。

前回、ジオン公国宣言に反発した一部のダイクン派が爆弾テロを計画し、それをキシリア配下の治安部隊が制圧した事については説明したと思う。だがその爆弾テロを計画した事になっているのが数少ないダイクン派の議員であるカーウィン議員であり、治安部隊による拘留中に死亡した事は伝えていなかったと思う。

治安部隊の捜査によりカーウィン議員が議会に持ち込もうとしていたカバンから時限爆弾が発見され、その後の調査でカーウィン議員の自宅で押収されたパソコンから爆弾テロを計画したデータが出てきたことで犯人と特定された。
まあ、最初から最後まで本人は関与を否定していたらしいので正直俺はキシリアによる自作自演の逮捕劇ではないかと思っているのだが…。
それよりも今重要なのは、死亡したカーウィン議員が無実かどうかでなく彼の娘であるメイ・カーウィンについてである。

メイ嬢は登場したゲームの中で弱冠14歳でありながらエンジニアとして天才的な才能を持っており、10歳のころからジオニック社の一員としてザクの開発に携わっていたとされている才媛である。 
元々彼女のファンだった事もあり何とか彼女を味方にしたいと考えていたのだが、俺がアクションを起こす前に今回の事件がおきてしまった。そして父子家庭であった彼女は父を失い、親戚からも拒絶され、全ての身内を失ってしまったのである。
ダイクン派の中には彼女を引き取りたいと考えている者がいるかもしれないが、表向きとはいえ爆弾テロを起こした者の身内を引き取るのは二の足を踏むのだろう。今彼女は国の施設に入っており、どうやらその中で凄絶な苛めを受けているようであった。
あきらかにザビ家の被害者なので出来れば俺が引き取って助けてあげたいのだが、彼女から見れば俺は父親の敵のようなものだ。果たしてそれが助けになるのかどうか…。

「うーん…。どうしたものかな…。」

書斎でメイ嬢の資料を読みながら悩んでいるとアイナ嬢がメイド服姿で入ってきた。

「失礼します。閣下。コーヒーをお持ち致しました。」

「うむ。ご苦労。」

いやぁやっぱりメイド服は良いね!

「何かお悩みですか?」

「ああ一つ難題があってな。先日爆弾テロの主犯とされて亡くなったカーウィン議員の娘が国営の孤児院に入ったのだが、そこで苛めなどで苦しんでいると聞いてな。それで私が引き取ろうかと考えたのだが、はたして彼女がそれを望むかと思ってな。」

「…私は閣下がなさりたいようにされるのが宜しいかと思います。メイさんがどうしたいのかは彼女にしかわかりません。もし閣下が引き取られてなお彼女が施設に戻る事を望むのならばその時にまたお悩みになったら良いのではないでしょうか?」

「フム…。だが、仮に私が引き取った場合、おそらくアイナの仕事が色々増える事になるぞ?」

「閣下のお陰でこうして充実した時間をすごさせて頂いています。多少仕事が増えるくらい何でもありません。」

そう言いながら微笑むアイナ嬢マジ天使。本当は背中から羽とかはえてね?

「わかった。ではメイ嬢を引き取る事にしよう。少し席を外してくれ。」

こうしてアイナが退室した後、デギンにメイ嬢を引き取る旨を連絡するギレンだが、より一層ロリコン疑惑が深まりそれに伴うトラブルが起きる事をまだ彼は知らないのであった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析