ハーメルン
【PSO2外伝】バトル・アリーナ・Girl's!
憧れの戦場

 バトルアリーナとは。
 元々はアークスが対人型エネミーとの戦闘を想定しての軍事演習を目的として製造した軍事施設である。

 だが今やダーカーは滅び、戦争は終結した。
 軍事施設としての役割を終えたバトルアリーナは、不要と判断されあえなく閉鎖――されることは無く、一般市民の新感覚スポーツとして普及することになる。

 そしてそれに伴って、『演習』ではなく『遊び』になったことによる様々なルール改善が施された。
 赤と青のチームに別れてエンブレムを集めたり敵対チームを倒すことによってポイントを取り合うという大まかなルールこそ変わらないものの、より楽しく、より遊びやすく、より盛り上がるように。

 バトルアリーナは進化した。

 例えば戦闘フィールドの大幅増加。
 森林、火山、東京の三種類だけだったフィールドは今では三十種類を越えている。

 例えばイベントやトーナメントの開催頻度上昇。
 元々は遊びじゃないということで滅多に開けなかったイベントや大会が今では頻繁に開催されているのだ。
 野球でいうところの甲子園のような大きい大会すら出てきており、メロディルーナのような観戦専門の人は今ではもう珍しくない。

 そして例えば、マッチング機能の改善。

 昔は『友達と同じチームでバトルアリーナをプレイしたい』と思ってもその実現はかなり難しかった。
 何せマッチングの方法が組み合わせランダムのランクマッチとパスワード制の固定マッチしかなく、ランクマッチはプレイヤーランクが違えばそれだけでマッチングは絶望的、固定マッチは他に知り合いを10人集めなければいけない。
 しかもその上で同じチームになれるかどうかは二分の一である。

 そんな凄惨たる有り様だったのも今は昔。
 マッチング機能はかなり融通が効くようになり、そのおかげで無事ヒカリとメロディルーナの二人は、

 共にバトルアリーナの舞台へと降り立っていた。

「わあ! わあわあわあ! これがアバター体ってやつなのね! 凄い! アークスになったみたい!」
「…………」

 戦闘フィールドの両端にあるリスポーン地点兼控え室の小部屋で、ヒカリは自分の身長より高くぴょんぴょんと跳びながら笑顔ではしゃぐ。

 なんだなんだ、初心者か? という生暖かい視線がこの場にいる同じチームとして戦う選手たちから向けられているが、そんなものは気にも留めていないようだ。

 そして、メロディルーナは耳まで赤くなった顔を隠すように両手で自分の顔を塞いでいた。
 その理由は、ヒカリのせいで注目を集めているから――ではない。

「これがフォトンの力ってやつなのねぇ、今なら車くらいなら持ち上げられそうだわ」

 ふわり、とヒカリの金髪(・・)が靡く。

 ヒカリのアバター体と本体の違いは髪色と髪型と服装の三つだ。
 日本人の特徴である大和撫子な黒髪は金髪になり、セミロングだった髪は動きやすいようにポニーテールに纏められている。
 服はアークスのロゴが入ったピンクのジャージ。動き回るのだからミニスカートの制服のままではマズイだろうという判断である。

「…………あの、何で、髪の毛金色に……」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析