ハーメルン
鬼滅の雨
真実を知る夜

夜になると鬼が来る

村の大人たちは、いつも口癖のようにそう言う。

時は大正。

時代が移り変わりゆく中だってのに、この村は何も変わらない。

そして――――

「おーい!辰二!」

「健一郎、なんだよ?」

「今から山の小川まで行くんだけど、お前もどうだ?」

「悪いけど、今から村周りの藤の花の世話があるから」

「あれか?お前も律儀だな」

「しょうがないだろ。ちゃんと世話しないと爺ちゃんがうるさいんだ」

山の小川まで向かっていく健一郎を見送り、俺は村の周囲に生息している藤の花の世話に行く。

俺の家、打鉄(うちがね)家は藤の花の家紋がある。

爺ちゃんの話だと、大昔、鬼に命を狙われていた所を、鬼狩りに助けてもらったらしく、その恩を忘れないために、先祖代々鬼狩り、所謂”鬼殺隊”の助けをしている。

一度だけ、その鬼殺隊の剣士を見たことあるが、どうも胡散臭い奴らだった。

今時、刀なんか持って、そんなもので鬼なんか狩れるのか?

そもそも鬼なんているはずがない。

そんなことを思いながら、俺は藤の花の世話を黙々と進める。

この藤の花の管理は、打鉄家(うち)が世話をしないといけない。

なんでも藤の花の匂いは鬼が嫌いらしい。

「花の匂いがダメな鬼ってなんだよ。そんな嘘で、騙せれると思ってるのか?」

ブツブツと文句を言いつつも、俺は藤の花の世話は怠らない。

前に一度、花の世話を怠ったら、爺ちゃんに恐ろしい程ド叱られて、一晩中庭先に立たされたことがあるからだ。

丁寧に世話をし、終わるころには日が暮れ始めていた。

「早く帰らないとな」

世話を怠れば怒られるが、それ以上に夜遅くまで帰らないでいるともっと怒られる。

藤の花の世話をしていて、完全に日が暮れてから家に帰ったら、滅茶苦茶ド叱られた。

あの時は、一週間藤の花の世話以外での外出を禁じられた。

道具を片付け、籠に入れ、村に帰ると、なぜか村が騒がしかった。

「辰二、今帰ったのか?」

家の前で爺ちゃんと数人の大人が話をしていた。

「うん。どうかしたの?」

「辰二ちゃん!」

すると、健一郎のお母さんが慌てた様子で駆け寄ってくる。

「辰二ちゃん!うちの健一郎、知らないかい!」

「健一郎が、どうかしたんですか?」

「なんでも、まだ家に戻ってないらしいんだ」

「もう夜にもなるし、俺たち心配で」

どうやら健一郎を探してるみたいだ。

「健一郎なら、山の小川に行ったよ」

そう言ったら、大人たちが青ざめた顔をした。

「辰二!それは本当か!」

爺ちゃんが凄い剣幕で、俺の肩を掴み、訪ねてきた。

「う、うん……藤の花の世話をしに行く途中で、山の小川まで行くって言ってて………」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析