ハーメルン
転生者vsSCP
±0

結局、こうなるのか。



 彼は今、道路の真ん中で迫りくる車に轢かれようとしている。
 近年流行っている低燃費を謳う軽自動車であったのなら致命傷を免れる可能性はあったかもしれない、しかし見えているのはスピードのついた巨大なトラックだった。
 彼は車との衝突までの与えられた僅かな猶予の中、倒れる形となっているのでその場から動くに動けず、出来ることと言えば目を見開いてその時が来るのを必死に覚悟するぐらいだ。
今の所、彼がこの人生で最後に見た風景はトラックのナンバープレートになりそうである。
とても不幸なことに、それは彼が今のところ一番避けたい死の風景とソックリだった。

 これは自殺ではない。
 車道にいた子供を、明らかに信号を無視して突っ込んでくるトラックから庇ってしまったからだった。
 いささか安全意識の欠ける坊やの方は歩道側で何が起きたかも分からず転げて、怪我と言えば突き飛ばされた際にできた膝の擦り傷ぐらいだったので、その点については不幸中の幸いだったかもしれない。
 それを喜ぶ時間は彼には与えられていなかったけれども、ともかく彼の目論見は成功を収めていた。
 自身の安全を除いてだったが。

 しかし、だからといってこの状況が崇高なる自己犠牲精神の究極の形による発露によって引き起こされたものでもない。
 彼は殆ど咄嗟の判断でそうしただけであって、己が死んでもいいなどとは微塵も、一欠片も思っていない。
 むしろその逆だ、酷く死ぬことを恐れていた、生き汚いとか自分に甘いとか言われる、そういうタイプの人間として生きていた。
 横断歩道を渡る時はいつも左右を確認し、動く車がないかしっかりと見据えて、早足で白線を渡りきって、もし突っ込んでくる車があったのならこうやって逃げると脳内で想像するぐらいの徹底ぶりだった。
 だからこそだ、その癖によってこのままでは子供が車に轢かれると気づいてしまったのだから、死にたくないのに死地に自ら飛び込んでしまうなんて皮肉的な状況に陥ってしまった。
 なぜそこまでやるかは死の恐ろしさを知っていたからだった。決して慣れることのない苦痛と恐怖の果に自らの人生が全てなくなってしまうことの恐ろしさを知っていた。
 積み上げてきた何もかもが影も形もなくただ記憶の中だけにしか存在しなくなってしまう虚しさを実感していた。
 老後すら見越して必死に貯めていた貯金が下ろせなくなった事は彼の心に多大な徒労感を覚えさせていた。
 受験に勝ち抜いて志望校に合格した努力ですらなかったことになった。
 輝かしい未来も、味わうべき苦渋も、その全てを奪い去られて、彼はまた一から始めていた、その途中の出来事が車に轢かれようとする今である。
 つまるところ彼は以前に一度死んでいる。広義で言うところの転生者である。チベットの偉い坊さんではないがなぜだかそうなってしまっていた、ただの人だった
 特に何の神様を信仰しているわけでもないし、彼の信仰心が発生する場所といえば腹痛の際にこもる便所ぐらいで。
 ともかく二度目の死を目前として彼が思うことは早く終わってくれという懇願である。
 1度目はそれはもう酷かった、自らの腹の中身がぶちまけられ垂れ下がった腸の塊を浴びながら、中途半端に残った意識のまま最期の時を過ごしたのだ。
 筆舌に尽くしがたい激痛と悪臭に後悔、人生の終わりを路上で迎えるなど想像だにしない未成年には衝撃的すぎる出来事だった

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析