ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Bとの出逢い/童貞を狙う瞳

 童貞? まだそうだけど、そもそもセックスってどうやってするの? そういうことに興味を持ち始めたのは中学生になりたての時だった。その時はそこまで深く考えてなかったっけ。高校生になったら自然と恋人ができて、そういうことも自然とできちゃうんだろうって、そんな感じ。だから全然興味なんてなかったようなものだった。友達とバカやって、ベースってカッコいいよな、なんて話したりして、そんな感じだった。
 ――そして高校生になってもう三年生、そこで、俺は今一度思うワケなんだけど。

「……どうやったらセックスってできるんだ……?」

 中学生の自分を殴りつけて、顔のカタチをもうちょっと美形にしてやりたいくらいの後悔がそこにあった。酷いもんだ、中学時代友達とバカばっかりやってきた俺にはセックスどころかカノジョすらどうやったらできるのかもわかっちゃいねぇのに。

「顔はそれなりだからダイジョウブっしょ!」
「そうか! よかった!」

 と、幼馴染に言われたものの、その大丈夫が全然大丈夫じゃねぇってことに気付いた時には、もう手遅れにも程があった。バカ野郎、そもそも女っ気ねぇんだけど。
 モテるらしいというクソみたいな理由でバンドを始めたけど、よかったって言ってくれるような女がいねぇ! 幼馴染には似合わないとか言われるしな。

「ああ……童貞卒業してぇ……なんとかして……大人になりてぇよ」
「……でしたら、私が手伝ってあげましょうか?」
「……へ?」

 そんな練習スタジオのベンチでのなにげない一言に、俺は首を傾げた。はて、性欲の消費と同じく独り事、ならぬ独り言だったんだが、いつからお相手ができましたかね? そう思って後ろを振り返ると……びっくりするほどの美人が立っていた。
 ウェーブがかった髪は照明に当たってキラキラと輝いていて、顔立ちもスタイルもモデルかアイドルか、というほどで、指先もキレイだった。
 ――そんなとびきりの美人が、なんて? 俺の聞き間違い? 幻聴だな? そうだな?

「ですから、セックスがシたいというなら私がお相手します、と言っているのですが」
「えぇ……」

 もう一回、今度は目を合わせてハッキリとその美人が口にした。セックス、お相手、しかも顔を赤らめるとかそんな羞恥なんて一切なく、その単語は当たり前に自分の身近にあるような言い方だった。

「……えっと、お金、持ってないんスけど……」
「ホテル代等もないようでしたら出しましょうか?」
「ふえぇ……」

 思わずそんな声が出た。怖い、このお姉さんめちゃくちゃヤバイヒトじゃないの? そう思うと千載一遇のチャンスは絶体絶命のピンチじゃないのかと思えてならなかった。ピンチはチャンスならチャンスもまたピンチ、そんな感じ。

「驚くようなことはありません。私がただ少しタマっているというだけで……」
「な、なんで……?」
「何故? 快感を味わいたい、という欲求に何故だという質問は野暮ではありませんか?」

 え? 俺がおかしいの? みんなセックスってそんな感覚でヤるの?
 そんな疑問はすぐに自分の周囲の人間から違うことは明白だった。割とその辺の貞操観念しっかりしてるのに、このヒトは名乗る前にヤる話してるんだけど、頭がおかしくなりそうだよ。

「いけませんか……?」
「え、えっと……ど、セ、ええっと、えっち、ってそんな、名前も知らないヒトとすぐするようなもん……じゃないと思うので……それじゃ!」

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析