ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
闇の女王はA/崩壊は突然に

 湊友希那を見返そうライブ、という頭の悪い目標を掲げて一層のモチベーションアップを図った俺たちは、順調にライブの準備を重ねていた。一方でなんとか友希那を騙して引きずっていく、とリサが報告をくれたことで、その熱は最高潮だった。そんなある日のこと。

「コンビニでなんて、偶然ですね」
「偶然って……どうせ来るだろうと思ってたんだけど?」
「ふふ、それでは、愛ゆえの以心伝心ですね」

 どこに愛故の以心伝心があったんだよ。とツッコミを入れたくなるライブ前の熱とはまるっきりかけ離れた日常を、紗夜さんと過ごしていた。連絡しなくたってどうせ紗夜さんは俺のところにやってくるだろうと時間を見計らってコンビニのイートインで座ってたら、案の定、ギターを背負った紗夜さんが嬉しそうに隣に座ってきた。

「しかしまぁ、どうしてこう毎度毎度俺のいる場所がわかるんですか?」
「愛の力です、ふふ」
「あーわかりましたから下腹部に手を当てるのだけは勘弁して」

 そんなところに愛の結晶は詰まってませんし、そもそも注いでません。そうやって俺が守ってるはずの童貞から勝手に遠ざけないでください。

「大丈夫ですよ。盗撮、盗聴と言った犯罪は犯していませんから」
「やってたら警察に突き出します」

 紗夜さんがそんなことをしてるとは思わないけど、万が一してたら自首しといてほしいところだよ。
 相も変わらず冗談と下ネタを入り交ぜた会話をしていると、紗夜さんはそうでした、と話題を転換した。

「今日は、カンベさんをお誘いしようと思っていまして」
「ホテルなら断るけど」
「ホテル……もいいけれど、普通に、近くの喫茶店でお茶でもしませんか、という誘いです」

 さ、紗夜さんがホテル意外の場所に自分から行こうと言い出すなんて……何を企んでいるんだろう。そんな疑いの目で見ていると、違います、と唇を尖らせた。今までしてきたことを思えばおかしくないんだけどな。

「わかりましたもういいです。家に帰って自分でも慰めていればいいのでしょう?」
「拗ね方が微妙に同情を誘われにくいんだけど……」
「……はっ、それを撮影してカンベさんに送りつけます」

 はっ、じゃないよ何名案思いついたみたいな顔してるのかなこのビッチ。それは同情じゃなくて脅迫だよって教えてあげないといけないのかな? 紗夜さんはそこまでバカじゃないと思うんだけど、いや、思いたいからきっと最初から脅迫する気だったと思っておこう。

「わかりました、行きましょう」
「ホテル?」
「今さっき自分でどこ行くって言いましたかねぇ?」
「ホテル、だったかしら?」
「喫茶店!」

 俺をからかって遊んでるのか、わかっていますよ、とくすくす笑う紗夜さん。納得いかない、何が一番納得いかないかって、楽しそうに笑う紗夜さんの顔がとんでもなくかわいいことだと思う。普段は表情を変えない彼女が、こんな風に笑ってくれる、うん、今のうちに優越感出しておこう、ふふん……虚しいけど。

「実は、ここは妹の後輩のお宅でして、よく店員さんもやっているのです……あ、惚れてはいけませんよ?」
「ダメなんですか」
「私がいるのですから」

 そんな説明を受けながら、羽沢珈琲店、と名前が書かれた商店街の一角にある喫茶店のドアを開く。紗夜さんの行きつけだけあって、とても和やかで、けど騒がしくない静けさがある、いい雰囲気のお店だった。ちょっとしたレトロ感も、コーヒーの香りも、落ち着く要因かな。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析