ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Dの罪/伝わらないもの

 俺は、いつの間にかあの日常を、当たり前に転がってるものなんじゃないかなんて勘違いをしていたらしい。紗夜さんが当たり前のように俺の傍に来て、からかい混じりに下ネタを言って、楽しそうに笑って、燐子さんの熱っぽい視線に汗を掻きながら、それでも人見知りしてしまう彼女を笑わせようとしてみたり。でも、そんな日々はたった一言のミスで壊れるんだってことを突きつけられた。
 ──人間は、いつだって大切なものの価値を、失ってから知るもんだ。

「放心してるね〜」
「放心してるなぁ」

 夏休みが始まり、コンビニのイートインで涼んでいると、知り合いの二人がコンビニの制服に身を包んで立っていた。
 幼馴染で師匠の今井リサと、ウチのバンドにいる内面がイケメンすぎるギタリスト、トーマ。

「……カップル揃ってでなんか用ですかね」
「失礼な弟子だな〜? 見たら仕事中ですってわかるでしょ?」
「リサ、コイツは今恋愛にアレルギー反応するんだから、許してやって」

 わかってんなら二人揃って出てくんなよ。
 ってかさ、なんだかんだ言ってキミたちイチャイチャしてるからね? 無自覚にイチャイチャされると余計に肌が痒くなるっての。

「やっぱコイツのことはほっとこうよ、とーま。モテない男の僻みに付き合っても無駄だって」

 酷い師匠だな? 
 ちなみにトーマは本名だったりする。本名がカッコいいからそのまんまでいいだろっていうタイクーン理論である。

「なぁカンベ。俺としてはそこで逃げたら意味ないと思うんだよ」
「だからなんだよ、逃げなくて向き合ってたらこうなったんだからな」
「そうじゃなくてさ──」
「──いいんだよ。こうやって俺が何もしなきゃ、なんともならないんだからな」

 なんで向き合って、傷つけて、傷ついて、それなのにまだ向き合わなきゃなんないんだよ。イミわかんねーよ。逃げてちゃなんも変わんないって言われても、なにも変えたくなかったんだよ、最初から。

「ほら、だから言ったじゃん」
「リサ、カンベみたいなヤツは突き放すだけもよくないの。大体、リサや湊さんが突き放したからこうなってるワケでしょ?」
「……確かに」

 けど、そんな腐った俺にも、トーマは厳しい目でそれじゃダメなんだよ、って言ってきた。
 それじゃあまた、今度は離れた俺と紗夜さんたちを繋ごうとしたあこちゃんを傷つけるんだぞ、と脅しを加えて。
 ──それは、ダメだな。あの子を傷つけるようなことをしたら、それこそもう、紗夜さんや燐子さんとは何をしても修復不可能になるから。

「お前、結構えげつないこと言うな?」
「ダチだからね」

 ニコっと笑ってそんな事言うなよ! カッコいいやつだな! カッコよすぎて男なのにきゅんとしたよ! ダチだからって言葉をカッコよく言える選手権あったらお前は審査員のレベルだな! 自分でも言ってる意味わかんなくなってきたよ! ちくしょう! 

「とりあえず、ココで逃げるのはNG。きちんと、あの子と一緒に精一杯考えろ、いいね?」

 トーマが指で示した先には元気いっぱいのあこちゃんがそこにはいた。
 その明るさに、俺もほっと息を吐くレベル。あこちゃんの元気は世界を救えるな、多分。

「カーンベさーん!」
「あこちゃん、わざわざありがとう」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析