ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Dの罪/ただまっすぐに

 紗夜さんやあこちゃんと一度別れて、俺は燐子さんと()()会う約束をした。おそらく燐子さんにそんなことをするほどの気力もないだろうけど、念には念を入れとかないと、童貞は守れないからね。これは紗夜さんに学んだこと。

「……お話、って、なんですか……」

 最初は返事すらしてくれるか怪しかったけど、きっとりんりんも仲直りのきっかけが欲しいって思ってますよ、というあこちゃんの言う通りこうやって俺の前に姿を現してくれた。あの子はスキンシップが小悪魔のそれだけど、マジで俺にとっては天使のような子だと思う。天使で天然ビッチって逆に怖いけど。

「この間のことです。ごめんなさい、俺、バカだから……燐子さんに甘えてた」
「……カンベ、さん」

 燐子さんは、俺にめちゃくちゃ気を遣ってくれてたんだ。そりゃ最初の一週間は味見がしたい、もとい興味があって、迫ってきてたんだろうけど、それが露見してからはすごく、気を遣ってるフシがあった。俺が燐子さんから逃げてたから。
 素直に言葉を伝えてくれなかったのも、それが理由なんだ。俺が迷惑がると思って、この日常が崩壊すると思って、口に出せなったんだ。

「だから燐子さんの……燐子さんの……あー、ダメだごめん」
「え……?」
「やっぱり、俺から口にするのは、なんか、自信満々みたいで……違ったらって思うと、言えない」

 その答えはリサからもあこちゃんからもお墨付きをもらったけど、それでもモテない童貞にこれを口にするってのはハードルが高い。そもそも未だに面と向かって伝えてくれたのは紗夜さんだけなんだから、しかも紗夜さんも、俺が思ってたのとは全然違うし。

「……わたし、カンベさんの……そういうところ、嫌いです」
「うぐっ」

 少しの沈黙の後、燐子さんはゆっくりと、動かない、動けない俺の肌にナイフを沈みこませ、刺すように、痛い言葉を紡いだ。
 やべ、もう泣きそう。

「本当は、心のどこかで……わかってるクセに、知らない、フリして……あんなこと、言ったん、ですから」
「……うん」

 そうなんだよ。紗夜さんもそうなんだ。俺が勝手に蓋をしてただけで、ホントは気づいてるんだ。それについては紗夜さんからもたった一言、頂いているからね。
 ──私は、軽薄な女です。けれど、誰でもいいわけじゃないんです、ってさ。それはホテルに行くとか、セックスするとかじゃなかった。
 ビッチだけど、()()()()()()()()()()()()()誰もいいわけじゃないんだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析