ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Dの受難/チェリーキラーは目の前に

 ──ライブは大成功に終わった。具体的な目標ってのはここまでモチベーションになるのかと驚くと同時に、その達成感に打ち震えた。積み上げたものをファンに見せて歓声が上がるたびに、会場の一体感が出るたびに、やっぱり、俺はモテたいとか関係なしに、音楽が、バンドが好きなんだって、実感した。

「うん、よかった」
「そっか」

 今井リサの部屋で、俺はベースの弦を弾きながら、ソイツの微笑みに、また大成功だったんだな、という実感が湧いてきた。

「……まぁ、趣味だから私たちに見合わない、と言ったのは訂正せざるを得ないわね」
「お、マジか!」
「けど、やはり一緒に、というのは無理よ。私たちは、頂点を目指しているのだから」

 リサの部屋には、友希那もいた。アイツの焼いたクッキーに頬を染めながら言われても、全く威厳を感じないんだけど。あとコイツが来ると出てくる女子力の暴力、手作りクッキーは甘めなんだよな。友希那向けすぎる。

「頂点、か」
「なに?」
「いや、なんでもない」

 頂点を目指すってのは、どれほどの覚悟なのかすらわからない俺には、その言葉の本当の重みがわからないけど、そこまで目指せる仲間がいるってのは、単純に羨ましいかな。

「それじゃあ、俺は帰るよ」
「お疲れさまー、ま、これからも精進あるのみだよ?」
「わかってるよ」

 何かはわからないけど、俺には求めてるものがある。それをこのお師匠サマはわかってて、敢えてそう言ってるんだろうな。そうだよな、迷ってる暇なんてない。あのメンバーでバンドができる時間はないんだから、考えるくらいなら音楽を奏でよう。

「陽太」
「……どした?」

 友希那に呼び止められ、振り返る。ちょっと反応に時間がかかったのはその名前で呼ぶヤツが極端に少ないのと、それが友希那だってことが意外すぎたからだった。

「紗夜や燐子と、何かあったの?」
「お前にはカンケーない」
「そうね」

 そんな眉を顰めないでほしい。触れてほしくないことをずけずけと言えばそうやって返されるに決まってるでしょう。
 紗夜さんからも燐子さんからも、連絡が来てない。すっかり俺はまた、幼馴染なんていう異性とは思えない二人だけの女性だけになった。この方が気楽でいいけど、正直、こういう心持ちが童貞たるゆえんなのかもしれない。
 ──そう。気楽でいいんだ。だから、別に意味もなくファストフード店に行ったりなんかしない。俺はもう、関わり合いにならないんだから。ただ小腹が空いたから、ポテトとドリンクだけ買う、それだけのこと。

「持ちかえればいいんだろうけど」
「それは……どっちを、ですか?」
「いやポテトとジュースのほかに持って帰れるものないけど?」

 期待通り……じゃなくて、何故か俺が席を確保していたそこには、既に彼女がいた。
 氷川紗夜、俺の、オトモダチ。
 会いたかった、わけじゃない。会いたいわけあるか、このヒトは美人だけど決していいヒトじゃない。ましてや惚れる要素なんてどこにもないから。
 だってこのヒトはビッチで、色々な男に淫らな、女の顔を振りまくようなヒトだから。

「私を持ち帰るのです、さぁ」
「うん無理」
「なぜ?」
「なぜ? 親がいるからね?」
「……なるほど」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析