ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Dの受難/二度目のボスダンジョン

 花咲川学園生徒会室にて、その事件は起こった。
 燐子さんと密室で二人きり、荒い吐息で燐子さんは俺を見上げてきた。

「お願いします……ガマンできないんです……触って、ください」
「こう?」
「んっ、あ……もっと、揉んで、ください……いっぱい」

 艶かしい声、揉む度に、燐子さんの身体がピクン、ピクンと跳ね、吐息が漏れる。

「コリコリですね……タマってたんですか?」
「……や、そうじゃなくて……」
「だったらどうしてこんなに……」

 正直ドキドキするけど、とあるビッチから助けてもらったから燐子さんには恩もあるしね。
 ──でも、心臓に悪い声はださんでください。

「強くします、よっ」
「あっ、んん、だめ……そんな、はげしく、しちゃ……ぁん」
「どういう状況ですか!?」

 紗夜さんが焦って闖入してくる。うーん。説明が長くなるけど、元はと言えば、紗夜さんのせいなんですからね? そこんとこ、自覚してほしい。
 ──そう、あれはほんの少し前のこと。




 ♪ ♪ ♪ 





「は?」
『ですから、文化祭の出演の手続きのためにカンベさんに来校をしてほしい、と言いました』

 いや意味わかんないし。
 なんで文化祭出なきゃならないの? OKいつ出した? 

『それはタイクーンさんから』
「じゃあ来校もタイクーンでよくない?」

 しかし、紗夜さんは毅然とした声でダメなんです、とそれを否定した。
 そ、そこまでってことはなにかやむを得ない事情があったりするのか……? 
 ──ちなみに、今年の花咲川学園文化祭はリサや友希那が通う羽丘学園と合同らしい。

『それじゃあ私がカンベさんに会えないじゃないですか!』
「120%の職権乱用だな?」
『そもそも生徒会長権限もあるので』
「燐子さんまで!」

 二人揃ってダメなやつだな? というか教師は? 素行不良二人に任せていいと思ってんの?
 まぁ、冷静に考えれば優等生で通ってる紗夜さんと燐子さんだもんな。信用されてるよな。

『ええ、それに身体の関係もありますから』
「は?」
『冗談です』
「いや冗談に聞こえないからやめて」

 どうやら事前アンケートの中に少なくない数のワンドルの名前があったらしい。だから紗夜さんと燐子さんがゴリ押ししたらしい。

『というわけで明日よろしくお願いします。タイクーンさんにも了承済みですので』
「……アイツ」

 恨んでやるタイクーン。てめぇは許さない、絶対だ。どうせ対価に友希那関連あっただろ。釣られちゃったんだな? 

『というわけで、頼みましたよ、カンベさん』
「ちょ、ちょっと──」

 プツ、という音の後にプープーと無慈悲な音が鳴り響いた。俺の意思は無視かよ! 
 そんなこんなで、俺はもう二度と来るまいと思ってた花咲川学園へとやってきた。
 紗夜さんの出迎えを待っていると、カンベさん、と俺を呼ぶふわっとした声が後ろから聞こえてきた。

「ふふ……どうしたんですかあ?」
「──!?」

 振り向く前にふーっと耳に吐息をかけられ、背中に柔らかく暖かい感触がした。もしかしなくても、このヒトは……松原さんだね。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析