ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
カンベのR/紐解かれる過去

 何故か袴姿にポニーテールの紗夜さんにあらましを説明し、落ち着いてもらった俺は、燐子さんに貰った用紙にペンを走らせていた。出演依頼を受ける側として、破格の待遇をしてもらえるらしい。やったね。

「ですが、男性……しかも同年代ということもあり、先生方の反応は芳しくありません」
「そりゃあ紗夜さんみたいなのがいるもんね」
「……言うようになりましたね?」

 貞操関連ならあなたに負ける気はしませんとも。なんならこの出演依頼を受理する代わりに二度と迫ってこないと脅した。
 そうすると、仕方ないですね、というため息とともに不可解なことに紗夜さんと燐子さんが唐突にじゃんけんをし始めた。なになに? 

「私の勝ちです、よってハジメテは私ですが、きちんとセカンドヴァージンは譲ります」
「……むう、でも……贅沢は、敵、です……」

 は? はいはい? このヒトたち何言って、と思ったら紗夜さんが素早く生徒会室の内鍵を閉めだした。
 そして燐子さんがポーチから……とんでもないものを取り出した。

「……避妊は、しましょう、ね……?」
「ちょっと待って!? ハジメテを奪う争いどこ行った!?」
「考えたのです……私と白金さんが争っている場合ではない、と」
「……氷川さんの、言う……通りです。敵は、他にいます」

 そう言って紗夜さんと燐子さんは逃げ場を塞ぐように俺の左右にやってきた。
 挟撃!? 話が見えないんだけど!? 

「松原さんのことを甘く見ていました……そのせいで、危うくカンベさんの貞操を、あの節操も貞淑もないビッチに奪われるところでした……!」
「いやおまゆう」

 節操も貞淑もないビッチ? よくその口で言ったな!? 
 そして燐子さんも同罪だからね? あんたら三人纏めて俺には同じに見えるんだけど? 

「なので、私は燐子さんと同盟を組みました。出演を無条件で了承していただけないのなら、私と白金さんのスマートフォンにカンベさんが密室で女体を貪る動画が保存されます」
「汚いだろ! 脅迫でしょそれ!」
「……背に、腹は……」

 いやかえれるよ!? なんでそんな切迫してんの!? 
 勘弁してくれ! ちくしょう、松原さんから助けてもらった恩が吹き飛んだよ! 

「と、いうわけで、童貞と社会的地位を引き換えにしてまで、出ない理由はありますか?」

 いやないけど。それって打ち合わせとかリハでココ来なきゃダメじゃん。ケダモノ三人が通うこの学園(ラストダンジョン)に何度も何度も足を運びたくない。学校って案外密室多いしいつかは食われる。引くも地獄、押しても地獄の三途の川おひとりさま観光コースまっしぐらよ。

「……カンベさん」

 するりと燐子さんが豊満な胸を腕に押し付けてくる。それに驚いて仰け反ると、紗夜さんが反対の掌を掴んで、自分の胸に押し当ててきた。そしてトドメは逃げられない状況での、燐子さんとのマウストゥーマウス。ああ、二度目のキスまで。
 ──でもわかった。マジだ。このヒトたちはマジに俺の童貞を奪った上で、脅迫材料にしようとしてきやがってる。

「んっ、優しく……揉んでくださいね」
「はぁ……ふふ、カンベさんの、おっきくなってる……どう、シたいか、言ってください」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析