ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
カンベのR/傷だらけの本心

 見知らぬ天井を見上げて目を覚ます。これほどに違和感があるもんなんだな、と、生まれてこの方、一度も病院のお世話になってない俺は初めての体験を噛み締めながら、身体を起こした。
 ──でも病院じゃなくてそこは、花咲川の保健室だ。

「……あー、やらかした」

 朦朧としてたけど、紗夜さんと燐子さんに運ばれたことはよく覚えてる。焦った紗夜さんの声、まるでもう死ぬんじゃないかってくらい必死な燐子さんの顔、迂闊なことで迷惑と、松原さんの件とは比べ物にならない恩をもらった俺は、頭を抱えた。
 そして、今誰もいなくてよかった。懐かしい夢を見たせいで、少しだけセンチメンタルだ。紗夜さんでもいようもんなら、今日は甘えてしまいそうだよ。

「あら、起きたのね」
「……さ、紗夜さん」

 そう思ったらいたよ。黄色いカーテンを開けながら、今度は制服姿の紗夜さん。その顔は安堵に包まれていた。

「今日、体調が悪かったの?」
「んー、少し、かな?」
「……そう」

 朝からいつもと違うのはわかってたんだけど、ほぼ病気とは無縁の健康良児である俺はその辺の危機感ないからなぁ。
 そんなふうに笑うと、紗夜さんはふっと笑みを浮かべてから。眉を吊り上げた。

「まったくもって認識が甘すぎるわ」
「……さ、紗夜さん?」
「いい? 今回はたまたま私や白金さんがいたからいいけれど、もしそれで一人だったらどうするつもり? たかが風邪だけれど、それで足を縺れさせて後頭部でも強打すれば、どうなるかわからない年齢ではないでしょう?」

 相当なお怒りだった。
 ここは、素直に謝ったほうがいい、そうしよう。

「ごめん……」
「……白金さんにも、そうやって素直に謝りなさい。先生に頭を下げて保健室に寝かせておいてくれたのも、看病したのも、白金さんなのだから」
「……そっか」

 燐子さんが……それは、感謝してもしきれないよね。後でお礼を言っておこう。
 それより、漸く怒りが収まった紗夜さんは、ベッドで上半身を起こした俺の隣に椅子を置いて座った。

「紗夜、さん?」
「本当に、よかった」

 何を思ったか、紗夜さんは俺に抱き着いてきた。雰囲気が安全な時のだったから完全に油断してたんだけど。顎のすぐ下に紗夜さんの髪があってめちゃくちゃいい匂いがする。華奢で、でも決して弱くはない、ってレビューしてる場合じゃない! 

「な、なに、してるんですか!? 感染(うつ)しちゃいますって!」
「……やっぱり」
「え?」

 けれど、顔を上げた紗夜さんはどうしてか、すごく真剣な表情だった。いつもの俺ですら蕩けてしまいそうな熱い表情じゃなくて、ギターを弾いてる時の顔。

「ドキドキは、当然しているけれど……どうしてそこまで、触れ合うのを拒絶するの?」
「……だ、だって、紗夜さんは、ビッチで──」
「──そろそろ、お互い胸襟を割る、いい機会ね」
「え、何を」

 そう言うと、紗夜さんはICレコーダーを取り出した。燐子さんのらしく、うなされている時の声が入っているらしい。気になるところがあって録音したから、という燐子さんの伝言と共に、紗夜さんの手によって音が再生され──

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析