ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
二人のR/裸のままで

 身の上語りは、あんまり好きじゃないんだけど、ついつい、全てを伝えてしまった。主観だし、きっとあの子にも色々考えがあって、その方がいいから俺を構ってたんだろうなって、今なら思うけど、なんだかめちゃくちゃ悪者にしちゃった気分だ。

「……その子は、今は?」
「最後の話に出てきたヤツと付き合ってるよ。あの子にしては長く持ちこたえてる方らしい」

 そもそも、付き合う前から、それこそ俺の話に出てきた頃にはとっくに、身体の関係は出来ていたことを、ランスが教えてくれた。つか調べてくれたっぽくて、そこを言わないところもランスらしいというか、なんというか。

「カンベさんは、そんなにも……傷だらけだったのね」
「やめてよ」

 確かにそうだったよ。傷だらけで、ベースすら手が止まった。だけど、そんな時、俺の音楽を褒めてくれて、俺に迫ってきて童貞を奪おうとしてきたヒトがいた。
 たったそれだけだけど、下を向いてたはずが、いつの間にか前を向かされていたんだから。

「出逢ったタイミングは、最高だった、ということね」
「まぁ……ね」
「そして、カンベさんが私を拒絶する理由も、知ることができたわ」

 そりゃよかった。根本から理解できないってのも、もちろんあるんだけど、なによりも失恋した相手がビッチだったことが、原因なんだよな、やっぱり。我ながら女々しい。でも、話していて、紗夜さんは違うんだってことも、思うわけで。

「紗夜さん」
「はい」
「最近、シてる?」
「いいえ」

 そうだよね。そもそもRoseliaの練習が休みの合間に予定を入れてただけで、その時間は今、俺に費やしてるから。

「他のヒトに抱かれながらカンベさんのハジメテの女になれる、なんて甘い覚悟はしていないわ」
「俺、恋人がセフレ作ってるのも許せないんだけど」
「それはセフレの分まで、マンネリ化しない程度に」

 週何回でしょうねそれ。そもそも男性側がイクのを一回として、一回で足りますかね? 
 まぁ、紗夜さんみたいなヒト相手で一回で済むほど、性欲がないわけじゃないけど。

「……カンベさん、私……」
「紗夜さん」

 仰向けになった俺に、紗夜さんは顔を近づけてくる。ゆっくり、唇を触れ合わせるために、ゆっくりと近づいていく。

「……ひ、氷川……さん……!」
「し、白金さんっ?」

 あと少し、というタイミングで、燐子さんがやってきた。生徒会の仕事が終わったみたいで、まだメガネを掛けてる。うん、燐子さんがメガネ掛けるとそういうプレイの一環にしか見えない。紗夜さんもだけど。

「抜け駆けは……ダメ、です……」

 必死の形相の燐子さん。このヒトはこのヒトで本気なんだなぁ、って思えるようになったあたり、大分染まってきてるな。気をつけよう。ただ、こうなるとまた二人で喧嘩とかされると見てて気持ちのいいものじゃないんだけど。

「わかりました」
「は?」

 なんでそこで素直に引き下がるの? 俺、なんか気持ち的には紗夜さんと付き合ってもいいのかもって思い始めたのに? そこ台無しにする? 

「私が複数の女性に手を出すことを拒絶すると?」
「あ、無理ですね、ですよね」
「……わたしも、氷川さんの、次でいいですから……」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析