ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Tは頑張り屋/もうひとつの生徒会

 とある喫茶店にて、俺は紗夜さんと向き合っていた。
 中央にはポテト。いつもの涼風が流れるような表情で、それをもぐもぐと食べてるの、仕草だけはまるでレストランでナイフとフォークを手にしてるような美しさがあるよね。フライドポテトだけど。

「それで、今日はここで集まった理由は?」
「……んっ、ふぅ、そうでした」
「そうでしたって……」

 ここのポテトは特においしいんですよ、なんて言いながら結局また口に運んでる。相変わらずポテトには目がないですね。

「そうそう、今週末に羽丘学園で合同の打ち合わせがあるのです」
「うん、それで?」
「そこに、カンベさんも同行していただければ、と思いまして」

 予想はしてたけど、いやなんでだよ。俺たちワンドルって有志じゃなくてゲストだったハズなんだけど、なんでそうなるのよ。

「言ったでしょう? いくらガールズバンド時代と言って、イメージがクリーン化し始めているとはいえ、それはあくまで()()()()()()()なのですよ」
「教師陣の懸念、ですか」
「はい」

 信用なさすぎだね。まぁ先生からしたら大事な生徒が淫行なんてやってられないか。しかも女子校とあれば余計に敏感になってもおかしくはないよね。事実、うちにもランスみたいなやつもいることだし。

「つまり、打ち合わせに顔を出して、なんとか信用を獲得しろ、と」
「その通りです。あとは……」
「はぁ」

 だと思った。まだ理由があるよね。前回は燐子さんと紗夜さんが個人的に会いたかっただけだったもんね。羽丘に知り合いなんて幼馴染二人組とあこちゃんしかいないんだけど、どうなの。

「白金さんの付き添いをお願いしたいのです」
「燐子さん?」
「今回の出席メンバーに、彼女の知り合いがいなくて……」

 ふむふむ、なるほどね。忘れがちだけど燐子さんって超がつくほどの人見知りだったね。特に昨日の夜中にタマってるようでしたら、オカズに一枚いかがですかって言われて全力で断ったところだったし。これは紗夜さんには黙っておこう。知られたら紗夜さんは無言で爆撃してくるに違いないし。童貞には刺激が強すぎる。

「わかりました。日頃助けてもらってばかりの燐子さんのためにできることならば」
「ありがとうございます……ですが、あちらの生徒会、特に生徒会長には気をつけてくださいね」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析