ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Tは頑張り屋/頼れる先輩になろう

「以上で会議を終了します……」

 そう、羽沢さんに締めくくられ、会議は滞りなく……うん、滞りはなく終了した。
 ──なにせ、羽丘生徒会長の爆走を、誰も止められないのだから。滞りがあるわけないよね。

「いや、えげつないな、あの会長」
「確かに! 頭の回転がすげーよ」
「あはは〜、ヒナは特殊だからね〜」

 羽丘の空き教室で、俺の他にはリサ、トーマ、タイクーンがいた。どうやら日菜さんは俺を紗夜さんのポジションに据える気だったらしく、トーマとタイクーンを呼んでたみたい。いや、その通り俺は燐子さんのサポートになったんだけど。

「燐子さん……大丈夫かな?」
「ヘーキだって、あこもいるし、ああ見えて燐子ってきちっとしてるじゃん?」
「まぁね」

 男に関してはだらしないけど。それ以外はしっかりしてると思う。人見知りさえなければね、人の上に立つって才能と求心力は、あると思う。
 ──それは、日菜さんも。

「でもさ、あの会長と白金さんとじゃ、タイプが違うよなぁ」
「燐子さんはリーダーシップだけど、日菜さんは……」
「確かにね〜、ヒナは独裁タイプだ」

 皇帝とか王様とか、そういう気質だよね。王の素養を持った女子高生ってパワー強い。
 でも、だからこそ余計に、その傍にいた大臣(はざわさん)が可哀想だった。

「苦労人だよ、あの子は」
「トーマみたいなもんか」
「自覚あるならちゃんとしてくれると嬉しい」

 俺たち三バカの良心だもんね、トーマって。因みに他人事のように笑ってる我が幼馴染も、トーマと二人きりだとめちゃくちゃ甘えてくるし振り回してくるらしい。知らなかった幼馴染の本性に俺はコメントを失う衝撃だったよ。

「アンタ、つぐみに手出さないようにね?」
「……なんで俺に」
「だって、バッチリ好みのタイプじゃん」

 なんで知ってるんだろうね!? 俺、長くキミと付き合ってきて女の子の好みを一言も漏らした覚えないけどね? 

「アンタが小学生の時に好きになった子の名前、言ってあげてもいーけど? みーんな清楚な見た目でおっとりタイプだよね〜?」
「わーわー!」

 ホント、そういうのよくない! 俺が耳を塞ぐと中、高の恋愛を知ってるトーマとタイクーンが確かにな、と頷いてきた。ムカつく! コイツらの恋愛……ダメだ、トーマもタイクーンもバカみたいに一途だ! 

「あ、あの……カンベさん」
「はいっ!」

 そんな弄られムードの俺を助けてくれたのは、噂に上がった羽沢つぐみさん。ひょこっと顔を出してくる仕草がもう癒されるし愛らしい。
 しかし、そんなヒーラー羽沢さんの口から出たのは、俺の背筋を凍らせるものだった。

「生徒会室に、来て、もらえませんか?」
「……理由、は?」
「か、会長が……」

 天使の裏に、悪魔はいるらしい。俺は今日ほどあの子と同じ髪色と顔立ちをしたあのヒトが傍にいてくれたら、と思うことはないだろう。いたら吊り橋効果で付き合ってたかも。そのくらい、日菜さんにはいい印象を抱いてないよ。

「……ごめんなさい。会長は、言い出すと聞かない、頑固なところありますから」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析