ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Dを守れ/二人の日常

 ――あの衝撃、とんでもない清楚系なビッチと知り合いになってから早一週間、彼女は俺の前に姿を現し続けた。
 ライブハウスで、スタジオで、楽器店でも。いやいやストーカーですよねそれ。

「ふふ、こんにちは、カンベさん」

 しまいにはここにはいないだろうと思って入ったファストフード店にまで、彼女は俺を見つけるとにこやかに挨拶をしてきやがった。
 なんで嬉しそうなんですかね。俺はあなたに会えることに恐怖しか感じないんだけど。

「それにしても……」
「いやその前になんでさも当たり前かのように俺の向かいにいるのか訊いていいですかね」
「それにしても、運命、と言いたくなる日がよもや今日とは」

 誰か助けて、人の話を聞いてくれません。遮ったのに繰り返すかフツー。この快楽のホルマリン漬けになった脳内ピンク魔王様は、こうして童貞(ゆうしゃ)である俺にエンカウントすると嬉しそうに寄ってくる。そしてその戦闘で勝利しなければ逃げられない。

「ホント……どうやっていつも居場所を把握してるんですか」
「今日は本当に偶々よ。だから嬉しいのですが」
「俺はぜんっぜん嬉しくない」
「それは大変ですね、ホテル行きますか? それともここでイキますか?」

 行かねぇしイカねぇよ! と思わず叫びそうになり、すんでのところで堪えた。騒いで居づらくなっちまうのは勘弁だし、なにより今、彼女……氷川さんと外に出るのは非常にまずい気がするしな。

「……メシがまずくなる」
「そうですね、食事中に下ネタなんて、私としたことがマナーを失念していました。すみません」

 なんだそれ、調子狂うなぁおい。と思ったけど、氷川紗夜さんは花咲川女学園ではなんと風紀委員を務めているらしく、知り合いによるととても厳しいヒトだそうだ。確かにRoseliaの氷川紗夜のイメージも自分にも他人にも厳しくて、ストイックなヒトって印象だったから、すぐに腑に落ちた。けど、それが逆に俺への向けてくる言葉の異常性を際立たせていてもいるんだが。

「そうでした。この間のライブ、聴きに行きましたよ」
「え、マジで?」
「マジです」

 転換された話題は、俺と氷川さんを唯一、真っ当に繋いでいるはずの話題……音楽だった。
 週末に行われた仲間とのライブは、大成功を収めた。徐々にファンもついてくれていて、今はガールズバンドが隆盛を誇ってることもあり、こうしてライブハウスなんかで活動できるアマチュアが盛んってのは、いい時代になったと言わざるを得ない。
 ――まぁ、その最先端が、目の前でポテトかじってるビッチなんだけど。

「とても素敵でした。一人一人の技術も高く、また……楽しい、という気持ちに突き動かされている感覚が、とても」
「……氷川さん」
「これからも精進してください。バンド仲間として、ライバルとして、私の励みにもなりますから」

 すっげぇ真っ当な言葉。しかもあのRoseliaのギタリストに、圧倒的な練習量に裏打ちされた正確無比な技術と、まるで冷たい炎を浴びてるような、すべてに挑戦していくあの冷静さとは違った熱に、男女問わずいったい何人が憧れを抱いているのか、わからないようなヒトに、俺たちは褒められた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析