ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Bの逆襲/静寂から始まるリベンジ

「私の好きな人がモテはじめて困ってます」
「……は?」

 何言ってんのコイツ。そう思うしかない始まりかたをしたのが今日のハイライト。
 いつも通り、ファストフード店において、俺は紗夜さんの下らない冗談を聞かされているらしい。あなたの想い人は、一応俺ですよね? 

「最近、つぐみさんとも頻繁に連絡が来るようですし、白金さんは言わずもがな……松原さんに、実のところ宇田川さんともそれなりに交流があり、また今井さんや湊さんという線も捨てきれない……困ったことです」
「困りましたね……」

 あなたの頭がね。
 というかこの人恋愛方面に、というか俺と二人きりになるとポンコツになるのなんなの? 実はキリっとしてる紗夜さんのが好印象だって伝わってないのかな? 

「もうおわかりでしょうが、カンベさんのことを言っています」
「回りくどいですね」
「……直接、好きなヒト……というのは少々、気恥ずかしくて」

 あーもうかわいいなちくしょう! 好印象の紗夜さんは一位がキリってしてる紗夜さん、二位が照れてる紗夜さんだ。カンベ調べによると。
 ただね、ただ、この上がった好感度を帳消しにするのが、氷川紗夜さんの真骨頂なんだよな。

「私がハジメテの女だというのに」
「なってないかな」
「なって」
「ならないよ!」

 なって、じゃねぇよ! 一瞬とは言え、普段の口調や仕草からかけ離れた声だすのやめて! 
 ほらね、こうやってわざわざ帳消しにしてくのが、紗夜さんと俺が未だにこの距離の所以な気がしてきた。

「それにしてもリサはないでしょ。トーマいるんだし」
「わかりませんよ。うっかり昔の恋を思い出すかもしれません」
「……なんで知ってるの?」
「今井さんは嘘をつくのが下手ですから、嫌でも察しがつきます」

 怖いな、というか怖いと言えばそれ以前になんで羽沢さんやあこちゃんとの連絡してる頻度知ってるの? 冗談抜きでそこが怖いよ。
 というか昔は昔……ってできないから、あいつは恋愛になると俺に対して当たりが強いんだけどね。

「もう、私の気苦労も知ってください」
「うん、その前に俺の苦労を知れ」
「そうでした」

 お、素直に認めてくれた。もしかして、俺の想いが伝わったのかな? だとしたら、ついに、言葉が通じるようになったと言っても過言ではないのでは? 

「激しいと、腰が痛くなってしまうものね」
「なんでそうなるのかな?」

 だから事実を捏造すんなっての! まだ童貞です、清い身体です! 
 やっぱり紗夜さんにその辺を求めるのは間違っていたのかもしれない。

「やはり、既成事実を作るのは急務ね」
「黙ってもらえます?」
「黙りません、誰かに寝取られるくらいなら、いっそ逆レイプしてでも──」
「やめてね?」

 それだけは勘弁してほしい。二度と女性の前に姿を晒せる自信がなくなるから。と、言っても紗夜さんもそれはする気はない、と思う。なんだかんだで、紗夜さんはそういうところは、ちゃんとしてるし。燐子さんや松原さんとは違うよね。

「それでは、今日の性講座ですが」
「そんなコーナーを設けた覚えはない!」

 ためにならないか、と言われればフツーに知識になるようなことだけどさ! でもそれって紗夜さんが言いたいだけなところあるよね? そう指摘すると、まぁ……そうですね、と目を逸らしてきた。なんだこのヒト。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析