ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Sの心/彼と彼女のこれから

 なんでだろう。そんな疑問と、頭を打たれたような衝撃を受けている自分が、更に疑問につながっていく。
 何故、なんて野暮だと言われたのに、快楽を味わいたい理由はただ一つ、キモチイからだって、あのヒト本人の言葉だったじゃないか。
 ――なのに、なんで俺はショックなんだ? 俺は氷川さんの気持ちよくなりたいって言葉を一度だって受け入れてなかったのに。

「……わからねぇな」
「どうしたのですか?」
「……どうも。相変わらず何処にでも現れますね」
「ふふ、私は諦めてなんていませんから」

 スタジオから帰る途中に寄った喫茶店で、氷川さんはいつもの調子で俺の向かいに座って、その表情を崩した。
 今日もまた、俺のハジメテを奪うために、清く正しい雰囲気を纏ったまま。

「お断りします」
「どうして? オナニーでは味わえない快楽がそこにはあると思うのですが?」
「……氷川さんは飲食中に下ネタを言わないといけない病気にでも罹ってんの?」
「性病には罹っていませんが」
「言ってねぇし訊いてねぇよ……」

 毎度思うけど、このヒトは下ネタを言ってる時の会話は微妙にかみ合わない。それに最近のオナホは高性能だからかなり満足できるって話も聞いたことあるんだが、と考えて氷川さんの作り出す空気に引っ張られてることに気づいて慌てて思考から排除した。
 そんな俺の思考は察されることなく、コーヒーを優雅に啜りながら、氷川さんは考え込んでいる様子だった。どうせナニ考えてんだろうけど。

「ナニの大きさに自信がないのですか?」
「……そうですね」
「大丈夫ですよ。膣というのは柔軟にできていますから、男性の性器に合わせて大きさを変えることも可能なのです」
「今日はまたぶっ飛んだ下ネタだなぁ……」

 真顔でナニ言ってんのこのヒト。知らなかったけどさ。大きいのがいいの、とか寝取られもののAVとかマンガでも良く聞くじゃん。ああいうのって創作上の話ってことなんだろうか。

「その辺を説明するのは……ええと、少々面倒なので移動しましょうか」
「待て待て、そうやってホテルに誘導しようたってそうはいきませんからね?」
「ふふ、バレましたか」

 なんで楽しそうなんですかね。俺はずっと氷川さんを拒否し続けてるのに、くすくすと笑いながら、まるで恋人にでも語りかけるように、そういえば、と話を音楽の方面に戻してくる。
 ますます謎だ。誰でもいいんじゃないのか、なんて思ってしまうほど。

「あのさ」
「なにか?」
「氷川さんって……昨日、男のヒトといなかった?」
「いましたよ」

 勇気を出して訊いてみたのに、氷川さんはあっさりと肯定した。その瞬間、身体の奥から何か黒いものが湧き出てくる感覚があった。
 でも、それを何とかすることなんてできない。自分でもなんなのかわからないこの気持ちを、俺は飲み込むことしかできなかった。

「ってことは、ホテルですか?」
「そうですね、連絡をいただいたので」
「それじゃあタマってるのは解消されたんですね」
「そうですが、それはそれとして――」
「――だったら、もう俺に構う必要もないじゃないですか」
「……カンベさん?」

 氷川さんはそれでいいんだ。アイツが言ってた通り、童貞で女を気持ちよくする方法も知らない、無知な俺なんかよりも、気持ちよくしてくれると知っているそのヒトと会っていた方が有意義に快楽を味わえるんだから。所詮俺は童貞で、氷川さんはビッチで、その間にある溝は俺が簡単に飛び越えられるようなモンじゃないんだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析