ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
新たなるD/次のステップへ

 妙な友達ができた。異性だけど音楽とバンドって共通の話題があって年も同じだから過ごしやすい……はずの、トモダチ。

「ところで」
「はい?」
「カンベさんは私にヌいてもらうなら手、口、足、どれがお好みですか?」
「……はい?」

 ファストフード店で、というか公共の場でするべきじゃない話を平然と、淡々としてくるトモダチ、氷川紗夜さん。
 あ、間違ってもトモダチってセックスするオトモダチじゃなくて普通の……とは言いづらいけどまだ俺は清いままです。

「残念ながら胸は無理ですが、まさか……腋とか、そういう特殊な性癖でしたか?」
「……違うし、紗夜さんにヌいてもらう予定ないし」
「えっ?」
「え、じゃねぇ……」

 手を上下に振るな、想像しちゃうでしょ。
 紗夜さんは、簡単に言うとビッチ。表向きは風紀の鬼、何事に於いても手を抜くことはできないストイックなヒトなんだけど。

「手は抜きませんが手でヌくのはたまに」
「ほんと、黙っててくれませんかねぇ?」

 今はただ下ネタを真顔で放つどうしようもない変態ビッチですけど。なにがって鉄面皮で表情を変えないところがひどい。

「ギタリストですから、指と手で鳴らすのも、鳴かせるのも得意なんです」
「……勘弁してくれ」

 ──しかし、もっとひどいのは、こうして時折微笑むところ。破壊力がすごい。普段はいつも結ばれた唇がふっと緩むもんだから、思わずポテトを食べる手が止まっちゃうんだよなぁ。
 言ってること下ネタだけど。

「あ、鳴くのも得意ですからご安心を」
「鳴く?」
「喘ぎ声です」

 喘ぎ声? 気持ちい時とかに出るあれ? 得意ってどういうこと? 

「……もしかして、あっ♡ とか、あんっ♡ とか、嬌声は感じてるから出てると思ってますか?」
「わざわざ口に出さないでいいから」

 声だけは媚びるようにエロく高く、けど顔は一切の真顔で発さないでほしい。心臓と股間に悪い。
 けど、つまり? 紗夜さんの言うことが事実なら、喘ぎ声って……演技ってこと? 

「もちろん、気持ちよくなければ喘ぐのも億劫ですが、気分を高める意味があって口にするのよ? 黙っていようと思えば、マグロもイけますから」
「……知らなかった」

 女体を知らない童貞、ここで衝撃の真実を知った。
 今度ひけらかしたいくらいの知識でしょこれ。AV女優ってやっぱ演技力すごいんだなって感心してヌけなさそう。やっぱやめよう。

「けれど、もちろん男のヒトはマグロよりも、そこもっとぉ♡ とか、奥きもちい♡ と言われた方が燃えるでしょう? そうやって相手にその気を維持してもらうのも、セックスには大事なことよ」
「感心とツッコミが半々でせめぎあってて、コメントしにくい」

 顔色を変えずに声色をいちいち変えないでください。近くに通ってたオッサンがすごい勢いでコッチ向いてたし、聞こえてるから。

「そこはよし、実践したいからホテルに行こうか、と言うところなのだけれど……」
「さも当たり前のように言わないでもらえます?」
「そろそろ当たり前のように抱いてほしいわ、さぁ」

 さぁ、じゃねぇよ! そうやってすぐに俺をオトモダチからセフレにしようとすんな! そうやって抗議を……実際は店内で騒ぎたくないしそんな語調は強くできないからマイルドに伝えると、紗夜さんははぁ、とため息をついた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析