ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Fの牙城/青いバラの瞳

 午後四時半頃、俺はラストダンジョンの入口からそびえる建物を見上げた。
 中高一貫なだけに大きめの敷地。部活の掛け声は女性の声しかしない、まぁ、女子校だしな。
 ──そう、女子校。俺は今花咲川の校門にいる。一歩踏み込めばそこは女性ばかりの世界。バラ色に感じるか? でも、バラには棘がある。俺はそこに生身で突っ込む勇気なんてとてもない。

『……お願いします』

 でも、紗夜さんはお願いします、って言ったんだ。覚悟を決めるしかねぇ……! 幾ら童貞でも、友達のためになら頑張るしかねぇんだよ! 

「……そんなに気張らなくても、私から来るに決まっていますよね?」
「ぅわお!?」

 気合いを入れていると、後ろから声を掛けられた。
 夏服らしい白のセーラー服という出で立ちの氷川紗夜さん。
 いつもと違うのは服装と、妙に化粧っ気がないことくらいかな。こう見ると真面目で潔癖症な風紀委員、という噂も納得だ。ビッチだけど。

「ふふ、わざわざありがとうございます」
「いやいや、紗夜さんが困ってるんだから当然でしょ」
「つまりはようやく身体を開いてくれる気になった、と」
「言ってねぇ……」

 でも口から出てくるのはいつもの下ネタ。くすくす笑いながら、つまりはなんだかご機嫌らしい。あとせめて心から開かせてほしい。

「はい、ピック」

 そんなやり取りはさておき、俺は紗夜さんにピックを手渡そうと取り出した。
 ──しかし、紗夜さんはそれは受け取れません、と毅然とした態度で首を横に振った。

「はい?」
「それは言わば学校にとってみれば不要なモノです。そして花咲川には学校生活に不要なモノを持ち込んではいけない、という規則があります」
「……えぇ?」

 つまり、このまま手渡して紗夜さんが花咲川の校舎に入ったら校則違反になるってこと……だよな? 風紀委員である以上紗夜さんには立場がある。だから受け取れない、と。
 じゃあ、どうしたらいいんだよ? 

「問題ありません。対策は立ててきました」
「お、よかった。その対策とは?」
「コレです」

 そう微笑みながら取り出したのは生徒会長と風紀委員、そして教師の連名で出されたであろう、外来の入校許可証……そこには俺の本名、ではなくバンドグループ名と、カンベ、という名前が記されていた。

「……えぇ、と? 状況がつかめないんですけど」
「理解と射精が遅いと女の子が苦労しますよ?」
「やかましい」

 本気で心配する表情はやめろ! 射精の早さとか大きさとかは参考がないから童貞はみんな不安になるんだからな! それを弄られると童貞は余計に童貞をこじらせるんだよ! 覚えときな! 

「つまり、カンベさんに来ていただいて、一緒に帰る際に渡していただければ、校則違反にはならない、ということですよ……ふふ」
「……ハメやがったな」

 それなら終わる時間を教えてくれたらよかったんじゃないですかね? あなたはそこを敢えて黙ってて、俺といる時間を確保したってことですよね? 楽しそうな顔しやがって、最初から、紗夜さんはわかっててピックを置いていったんじゃないよな? 

「ハメるのはこれからではありませんか?」
「いやそうじゃ、って、あーもう、話を逸らさないでください」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析