ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Fの牙城/その瞳に宿る感情は

「ミルク、好きなんですね」
「……そうなんです。昔から……ホットミルクばかり、でしたから」

 俺は今、童貞がおおよそ不可能だと思われた領域に足を踏み入れているッ! 
 ──と、テンションが最高潮なのを隠しながら表面上は穏やかに会話してる。けど鼻息荒いだろうし、そわそわしてるから完全に変態のソレです。

「それにしても、大きなパソコンに、ピアノ……お嬢様みたいですね……見た目的にも」
「そんな……こと」

 なんと、現在白金宅のとあるお部屋にお邪魔させていただいています。目の前に座る白金燐子さんの部屋。
 清潔感のあるお部屋からはベッドの上に置いてある芳香剤の良い香りと、また別種の……恐らく燐子さんから発せられる良い匂いが混ざりあって甘い誘惑のような……あ、なんかこれ変態っぽいからやめよう。とにかく女の子っぽくありながら白基調で、部屋には趣味らしいネットゲームをやるための大型のパソコンのモニターと、ピアノ、その隣にはRoseliaで愛用しているキーボードまで。
 それが入って尚、小さな丸机と俺と燐子さんが座ってもまだスペースがある、というのは恐ろしいところだよなぁ。俺んちのリビングくらい広い。

「……ごめんなさい。わざわざ、来てもらちゃって……両親もいなくて」
「い、いえっ、燐子さんには花女に入れてもらったって恩がありますから! 困ってることがあるなら、大歓迎ですよ……俺でよければ」

 なんで、こんな清楚なお嬢様風の燐子さんのお宅へと上がらせていただいているのか、それはほんの少し前に遡る。






 ♪ ♪ ♪ 





「おう、カンベ、今日はなんか予定あんの?」
「んー、さて、今日は紗夜さんもいないし、のんびり家でベースでも触るかぁ」
「相変わらず羨ましいヤツだな!」
「いてぇ!」

 学校が終わって、そんな会話を友人とする。
 あ、カンベはバンド活動やってる間にすっかり定着しちまった渾名みたいなものです。毎回言ってる気がするけど本名とは違うよ。
 ──ところで紗夜さんと過ごすのが贅沢? バカを言うんじゃねぇ。あのヒトとの会話中に何回下ネタぶちこまれると思ってんだ。毎度毎度、飽きることなくだぞ! 最近じゃどんどん際どくなってきてそろそろ下半身に悪い。しかも断ると家まで付いてくる始末だからそろそろ警察の厄介になればいいと思います。
 けどそんなオトモダチは今日は別のオトモダチ(セフレ)との予定があるらしく、用事……いえ、情事があるので、ってメッセージを貰った。メッセージでも下ネタなのは流石だと感心した。

「なんなんだろうなぁ、紗夜さん(あのヒト)は」

 童貞だとか関係なく、ビッチだろうと恋をしたから俺に迫ってる、ってまでは百歩譲って納得できた。でも、でもさ、なんで俺なんだ? それが全然わからない。訊きたいけど、正直、なんで俺のことが好きなの? ってバカっぽいよな。だから童貞なんだ、とか言われそうで相談もできないし。
 安いプライドを抱えた俺は、紗夜さんの気持ちにも宙ぶらりんなままで、放置してる。あ、放置プレイじゃないよ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析