ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
狙われるD/不本意な贅沢

「大丈夫ですか、カンベさん!」
「……おかげさまで」

 襲われそうになり、情けなく近くの喫茶店に逃げ込んだ俺は、紗夜さんが来るのを待っていた。相手の方との用事をキャンセルしてくれてまで俺を助けに来てくれた紗夜さんにちょっとときめいた。まぁその用事ってのはセックスで、本人も言ったけど襲ってきた相手の同類なんだけどさ。

「……そんな、逆レイプなんて、しませんから……わたしはいつだって、同意の上でしかセックスはしません……!」

 そしてその喫茶店の席の向かいにはたった今俺を誘惑し、童貞を奪う一歩手前で同類(さよさん)に邪魔をされたビッチ、白金燐子さん。
 いやそんな力強い目でそんな宣言にしないで、ここ一週間のあなたは何処へ行ったの? 

「私もですが、白金さんも勿論、隠れビッチですから、カンベさんに近づくために隠していたのでしょう」
「カンベさん……ビッチ、嫌いそう、でしたから」

 たった今大嫌いになりました。というかそろそろ女性を信用できなくなりそうになりそうだよ。
 寄ってたかって童貞いじめて楽しい? ねぇ楽しい? 

「それにしても、白金さんにしては珍しいですね」

 どういうこと? と首を傾げると、紗夜さんは私はいつでも氷川紗夜、として援助交際をしますけど、と切り出した。おいおい。

「白金さんは、基本的に……なんて言ったらいいんでしょう? 専門が違うんです、二次元と三次元、と言ったところでしょうか?」
「ええっと……ごめん、わかりません」
「……つまり、わたしは、基本的にゲームやSNSのオフ会で、ユーザー名でセックスをしてることが多い、ということです」

 んーっと? つまり、紗夜さんは援助交際、例えばそういう系のサイトに登録して、募集を募ったり、駅前で暇でお金を持ってそうなヒト、または紹介でセックスをする。
 それに対して燐子さんは、その、所謂オフパコ、ってやつが活動の中心ってことか。

「コスプレとか……ゲーム関連なので」
「N.F.Oのベルさん、と言えば界隈ではそこそこ有名なオフパコレイヤーさん、だそうです」
「ベルさん?」
「それがわたしです」

 どうやら、そのネットゲームではRin-Rinというユーザーネームなんだけど、そのユーザーネームで活動すると一発で出会い目的なのがバレるから警戒されるってのと、あとはその名前が長いからよくオフ会をするメンバーから愛称で呼ばれるようになったらしい。
 リンリン、でベルが鳴ってるみたいな擬音だから、ベルさんね。納得。

「……裏切りましたね?」
「ごめんなさい……でも、わたしも、味見……じゃなくてカンベさんと仲良くしたくて……仕方なく」

 全然同情誘われませんけどね? サラっと味見って言ったよねあなた! ある意味手の広げ方は紗夜さんよりひどいところあるでしょ! 

「手の広げ方じゃなくて、できるプレイもわたしの方が多いんです……! パイズリ、3P、イマラ、耳舐め、言葉攻め、ドМもドSもイケますから……!」

 いやそこ今誇るとこじゃないから。なに性癖暴露してんの? ココ喫茶店なんだけど。

「耳舐め言葉攻めは私もできます」
「対抗しないで……マジで」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析