ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Rが来たりて/ある夜の始まり

「カンベさん。大変なことになりました」

 白金家の一室にて、何故か俺は呼び出され、紗夜さんのその一言から、今回の問題は始まった。
 沈痛な面持ちの紗夜さん、何かをこらえるような燐子さん。
 ──あんなことがあったのになんでノコノコ着いてきたのかって? 俺だって危機管理能力は決して悪すぎるわけじゃない。コトが起こらないと知っていて燐子さんの部屋にいるんだ。
 何故なら紗夜さんがいるから。この二人は俺を取り合ってるから、揃うと逆に安全だったりする。気づいた俺すごいだろ。

「大変なこと?」
「……実は、この間、わたしと氷川さん、あと今井さんで、カンベさんについて話していたんです……」
「そうしたら、湊さんが……興味を持ってしまって」

 湊さん? ミナトさんって、まさかと思うけど……湊友希那だったりしますか? 
 興味……興味、ね……前回と前々回で興味の方向が著しく間違ったお二人がその顔ってことは……まさか。また味見目的か!? 

「自惚れがすぎますね」
「……童貞、なのに……それは、身の程知らず、では……?」

 なんなの? そうやって童貞いじめて笑うのか! 第一あんたらはその童貞にことある事に迫ってくるじゃんか! なのにその、何言ってんのお前、みたいな顔は納得いかないからな!? 

「湊さん曰く、面白そうなヒトね……紗夜と燐子がそこまで惚れ込むなんて……興味が湧いたわ、だそうです」
「……ん?」

 変な言い回しだ。まるでその言い方だと、誰か知らないけれど、紗夜さんと燐子さんが惚れ込むほどの音楽センスを持ってるから興味が湧いた、みたいじゃないか。

「合ってる……と、思い、ます……」
「いやそれはおかしいよ」

 そう、それはおかしいんだ。
 ──俺のベースの師匠は()()()のアイツだから、その幼馴染で、一番仲の良かった友希那も、俺のことを知ってるはずなんだから。


「そう……なんですね」
「うん。俺は友希那のことを知ってるし、なんならついひと月前に一緒にメシ行ったよ」
「……おかしい、ですね、それは……」

 三人で久々にメシに行って、ちょいちょい話したはずだし、俺がベースやってることも知ってるはずなんだけど、どういうこと? 

「確かに、不思議ですね……カンベさんのことを知らないわけがないのに」
「……あ、それだ」
「……それ、とは……?」
「名前だ」

 友希那は確かに俺を知ってる。だけど知ってるのは俺の本名だけだ。
 ──()()()()()()()()()()()()()()()()()

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析