ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
Rが来たりて/理想の違い

 そして、念願のRoseliaと、俺のバンドWonderersの顔合わせは、それからすぐ行われた。場所はSPACEが閉じられた今、新たなガールズバンドの聖地と囁かれる、CiRCLEのテラスの喫茶。言うならば向こうのホームってことだな。
 招かれた以上、俺たちが先に着くとあんまりよろしくないだろう、というメンバーの言葉に従い、ピッタリになるように行くと、そこには見知った顔が二人。
 本来なら緊張するところも、あんまり緊張しなくて済むな。

「来ましたね」
「……こ、こんにち、は」
「どうも~っ!」

 燐子さんの隣にいるのは初顔。まぁ消去法と見たことがあるからすぐに誰かは分かるんだけど。Roselia最年少にしてドラマーの宇田川あこさん……んー、印象的にはちゃん、の方が正しいかも。確か今年で高校一年生だったはずだけど、ロリ体型のロリボイス。燐子さんと仲がいいことも知っているけど、並べるとより凹凸がハッキリするね。
 というかそれより、三人しかいないけど? 紗夜さんに友希那は? と問いかけようとしたところで、その後ろ、CiRCLEのドアをくぐって、冷ややかで良く通る声が響いた。

「揃ったようね」
「ごめ~ん、まりなさんに無理言わせてもらっちゃってさ~」

 銀の髪を靡かせてモデルもかくや、というまっすぐで芯の強い歩き方でこちらへとやってくるのが、ボーカルの湊友希那。そして隣にいる茶髪のギャルが、ベースの今井リサ。共にRoseliaの根幹でリーダーとサブリーダーのような雰囲気がある。まぁ、友希那はガチのリーダーだけど。

「無理って?」

 と、ウチのギタリストが首をひねった。彼に対してリサは少しだけ弾んだ声で、砕けて事情を説明する。

「ほら、ここってガールズバンドオンリーじゃん? スタジオで今日だけでもキミたちを入れられないか~ってさ」

 顔見せのために、リサはそんなことまでしてたんだな。相変わらず気が利くというかなんというか。そもそも俺らの集まる丁度いいところにあるスタジオがここくらいしかない、って問題もあるんだけど。

「それじゃあ、お互いに自己紹介からで、いいですね?」
「ええ、いいわよ」

 おお、今日は紗夜さんがきっちりモードだ。冷ややかな友希那に負けず劣らずの冷ややかさとキリっとした雰囲気である。あれが俺の前だと下ネタを食事中にガンガンぶっ放してくるビッチだって言っても絶対に信じてもらえないレベルだ。

「ドラムのアイスです、よろしくお願いします」

 まずは、淡々と自己紹介していくアイス。コイツは割と無口だからな。淡々としててドライだから名前もドライアイスからとってアイスだし。

「ふっふっふ~、わらわは闇の女王あこ! 今宵……えーっと」

 中二病真っ盛りというよりはもはやRoseliaの宇田川あこ、と言えばこういうキャラとして成り立ってるから、それでいいんだろうな。ただ語彙力が足りないのか途中で頭を捻って燐子さんに語彙を補填してもらってる。

「ギターのトーマです」
「同じく、ギターの氷川紗夜です」

 トーマの短い自己紹介の後に、紗夜さんが短く続く。トーマはサバサバしてるしあんまり人付き合いは得意じゃないらしいし、ただ、とあるヒトに影響されて頑張って見た目を変えて、そのとあるヒトの隣を歩いても変じゃないように思われるようになりたいって一途さのあるバイト戦士の主人公くん。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析