ハーメルン
さよならティターンズ
第15話 強戦車 マゼラアタック

 ティターンズに所属するライアン小隊は、キャリフォルニアベースからジオン残党の拠点に向けて移動を開始した。輸送機のミデアは降下する場所を探して高度を下げている。

チャーリー中尉はミデアのメカニックに「どかないと潰すぞ」とちょっかいを出した。メカニックはジムクゥエルの足に踏み潰されそうになった。


 ライアン小隊は、ミデアから砂漠に降り立った。視界の先にはザクJ型が1機、マゼラアタックが2両視認できる。ジオン残党が拠点にしている村が近くにあるのだろう。ライアン隊長はそう確信した。

 マゼラアタックのクランキーは自車両に近づくジムクゥエルを見て満足そうに笑った。クランキーは照準

「油断しきった連邦め、本当の戦争を教えてやる」

「まずはHEAT弾で狙い撃つ。175mm砲弾を食らえ」

 ライアン隊長はマゼラアタック1号車から放たれた砲弾を横にジャンプして避けた。ライアンは小隊のメンバーに次々と指示を出している。

「ジオンの戦車だ。マイクは稜線の影に隠れろ」

「ホセは動け。狙い撃ちにされるぞ」

「チャーリーは敵の動向を探れ。反撃のチャンスを見つけろ」


 マゼラアタックは、後退しながらもジムクゥエルとの距離を取っている。クランキーは指揮官の指示が的確であることを内心ほめていた。彼は自信を持って照準を覗きこんだ。

「アルファAからアルファBへ 制圧射撃を続けろ」

「こちらアルファB、敵は3機、訂正4機います」

「まずはHEAT弾を撃つ。次弾はAPFSDS弾を装填」

ライアン小隊は稜線の影に隠れてライフルを連射。もちろん、敵の様子を伺いながらだ。マイクはシールドの裏からマガジンを取りだして装填。30連マガジンが弾切れになるまで撃ちまくった。不思議と恐怖心は感じていなかった。

 チャーリーはスラスターを吹かしてジャンブし、太陽を背にマゼラアタック2号車に向けてライフルを連射した。マゼラアタックの上面は装甲が薄く、弱点と指摘されている箇所だ。

 マゼラアタック1号車のパイロットはジムから距離を取りつつ、全速で後退した。クランキーはチャーリー機の右足に照準を合わせて、APFSDS弾を放った。

「アルファBがやられた。仇は取ってやる」

「目標 知らないモビルスーツ」

ザク J型はマシンガンを連射しつつ、隊で最も前進しているチャーリー中尉に接近した。ザクはフットポットを撃ってジムクゥエルの動きを止めた。


 ジムクゥエルはマゼラアタックから放たれたAPFSDS弾を右足に浴びた。チャーリー中尉は稜線に身を隠し、ジムライフルを連射。彼はジムに近づきつつあるザクJ型を警戒しつつ、小隊に応援を求めた。

「ペネトレーターを食らったか。厄介な戦車だな」

「大尉、ジムの右足を損傷。ザクの射程から外れるまでの間援護射撃を求めます」

「私は部下を決して見捨てたりはしない。これだけは約束する」

「全機前進。戦車とザクに突入せよ」

「了解、マシンガンを撃ちつつ敵に接近する」


(第16話に続く)

[9]前話 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/1

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析