ハーメルン
さよならティターンズ
第17話 ジム改を撃て

 北米を後にしたライアン小隊は、アフリカ大陸にあるキリマンジャロ基地に入った。4人は基地の食堂で食後のコーヒーを飲んでいる。

 午後1時にライアン小隊はミデアに乗り込んだ。いつもと違う事はモビルスーツがハイザックという事と、特殊部隊が乗り込んでいるということだ。

 ライアン隊長は輸送機『ミデア』の中で任務の内容を説明している。
「今日は、連邦軍から提供された情報を元に反連邦政府組織の拠点を制圧する。敵の戦力は少ないが油断するなよ」

 ミデアから降り立った4機のハイザックは反政府運動の拠点に向けて足を進めていた。彼らは到着までの暇つぶしにハイザックについて語りあった。

「マイク、ハイザックの調子はどうだ? 」

「ジムクゥエルより操縦はしやすいです。操縦性も癖がなくて、素直に反応しますね」

「隊長、それにしても360度スクリーンは慣れませんよ。ジムとはコックピットが違うので違和感しかないです」

 ライアン隊長は頭をかきながら「私もシミュレータで練習はしたんたが自信ないな」と言った。

 ライアン隊長は小隊のメンバーに意見を聞いて回った。
「チャーリー中尉、ハイザックに乗った感想はどうか?」

「俺はジムを乗り継いで来ましたから。まるでザクに乗っている気分です」


「ホセはどうなんだ? ハイザックに乗るのが嫌なんだろう」

 ホセは不満たらたらといった表情をしていた。
「隊長、自分はティターンズがハイザックを使う理由が分かりません」

 ライアンはホセを諭すように真面目な顔で言った。
「ハイザックはコストパフォーマンスが良い。安く作れて数を揃えられるモビルスーツは戦力を増強できる」

「我々にはハイザックのような多用途任務をこなせるモビルスーツが必要だったのさ」




 ライアン小隊は岩影に隠れながら偵察を行った。反連邦政府組織が拠点にしている村には民間人もいるようだ。ライアン隊長は迅速に鎮圧を行い、よけいな犠牲を出さないようにと訓示を出した。

 マイクはモビルスーツの数が情報部の情報よりも少ないことを気にかけていた。彼はあと1機はどこにいるのだろうかと疑問を抱いている。

「情報ではモビルスーツは3機のはずだが、後の1機はどこにいるんだ」

 ハイザックはビームライフルを構えた。ハイザックはビームライフルの銃口をジム改へと向けている。 一発でモビルスーツを破壊しようと狙撃を試みているのだ。

「チャーリー、ジムを狙撃できるか? 」

「隊長、やって見せますよ。見ててください」

「ジェネレータに当てるなよ。ドカンと爆発するからな」

 チャーリー中尉は必ず当たると信じて引き金を引いた。ビームはジム改の腕をピンポイントに破壊した。ジムは機体のバランスを崩しながら地面に倒れこんだ。

 僚機のジム改はジムマシンガンを構えたが、ザクマシンガン改による直撃を食らっている。 ハイザックは地面に120mm弾の薬莢をばらまきながらマシンガンを連射した。



 マイクは急速に接近する機体をレーダーに捉えた。彼は白色のハイザックをモニター越しに確認した時、自身の目を疑った。あるはずのないモビルスーツがそこにいたからだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析