ハーメルン
俺の幼馴染の親友達はただのヤバイ奴だった。
10話 パスパレはぴょんぴょんするんじゃあ〜


「このまま!和土君を私が貰っちゃお!」

と日菜は、千聖が目を離している隙を突いて、全力で逃げる。
俺も、日菜のスピードで走らされる。

「あっ!和土、止まりなさい!」

と後ろから千聖が追いかけてくるが、日菜には勝てるはずもなく途中でバテるのであった。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:2/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析